株式会社丸協

株式会社丸協

高断熱住宅ってなに?

超省エネの高気密断熱住宅。

高断熱高気密住宅は、一般的に壁・床・天井などに高い断熱性・高気密性を実現した住まいのことです。高い断熱性には、断熱材を壁などに充填、または外側から覆うことで家の中と外で、熱を伝わりにくくします。また「高気密」とは、家の隙間をできるだけ無くすことで、家の中と外の空気の交換をなくし、熱のロスを減らします。丸協では+αの技術力で他社に負けないクオリティーの高断熱高気密住宅実現します。

高断熱住宅ってなに
高断熱住宅ってなに
高断熱高気密住宅の暮らし

高断熱高気密住宅の暮らし

人に、住まいに、地球にやさしい暮らし

「夏は涼しく、冬は暖かい」理想の住まいを実現するのが高断熱高気密住宅です。丸協の高い技術力で断熱性と気密性を最大限に引き出した施工をすることで、エアコンなどの空調に依存しないエコで、一年中快適な室温を保ちやすくなります。冷暖房費を節約し、経済的で省エネ。結露しにくい構造により、住宅の劣化を抑制し耐久性に優れていいる。外部からの音を防ぐ遮音性と音漏れに優れ、プライバシーが確保できます。結露しにくい構造により、住宅の劣化を早めません。

高断熱高気密住宅の暮らし

省エネルギー住宅の3つカギ

断熱、気密、日射遮蔽

高断熱

高断熱

住宅の断熱性能は、「外皮平均熱貫流率」(UA値)で示されます。住宅の外皮(床、壁、窓など外気と接している各部位)から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割って求めます。数値が小さいほど省エネ性能が優れています。

高気密

高気密

住宅の隙間を通じて空気が出入りすることで熱が室内外で移動します。この空気の移動による熱の移動を少なくするために隙間を減らすのが気密対策です。ただし、気密性能だけでは室内環境が悪化しますので、必要な換気量をコントロールすることが重要です。

日射遮蔽

日射遮蔽

室温の最も大きな要因は、日射熱です。そのため、日射をコントロールすることで不要なエネルギーを削減することができます。住宅の日射遮蔽性能は、「冷房期の平均日射熱取得率」(ηA値)(イータエー)で示します。数値が小さいほど省エネ性能が優れています。

高断熱高気密住宅の暮らし

高断熱・高気密が快適な室温をつくる

家族みんなが笑顔になる、快適温度の室内

高断熱・高気密住宅は吹き抜けや、天井が高く、広々とした現代的な空間のまどりに適した技術が楽しい家づくりにつながります。高断熱高気密住宅では室内の温度差が少ないため、快適な居住空間が生まれます。さらに熱の出入りが少なくなるので、冷暖房の効きが良くなり、夏は早く冷房が効き始め、冬は早くあったまるなど空調のコントロールもしやすくなります。また室温の上昇・低下が起こりにくいため、毎朝気落ちよく目覚めることができます。

高断熱高気密住宅の暮らし

暖房エネルギーを4/10以下に削減出来る家はこちら!

ゼロエネルギー住宅をめざすならこちら!