株式会社丸協

株式会社丸協

不動産屋さん

「不動産屋さん」とか「保険屋さん」は「屋さん」と付くのに「銀行屋さん」とか「お医者屋さん」とは何で言わないのだろう。等と考えているから業務が進まないのでしょうね。

先日、別の「不動産屋さん」と一緒に仕事をさせていただきました。

その更新番号はなんと二桁

しかも個人事業主

きっと良い味をだされるのだろうなと期待して面談。

本当にのある方でした。

「よーきてちょーした。まあ、すわりゃー。」

流暢な名古屋弁です。きっとお客様のハートを鷲掴みにするのでしょう。

わしは25の時からなぁ・・・」

・・・そうですか。

「ところでこの物件なぁ・・・」

お、本題に入って来ました。

わし、パソコン使えんでしょー、悪いけど書類作ってまえんやろか。」

まあ、出しの業者の務めでもあるし快諾。

「ついでにわしの媒介契約書も作ってまえんだろうか。」

ここで一回目の“?”

おいおい、あなたの手数料丸わかりなんだけど・・・まあ、入力するだけだからいっか。

「作ってちょーしたら これ 買主さんの名刺。 あどれす とやらが書いてあるから送っといてまえんかね。わしには ふぁっくす ちょー。」

だんだん“?”が大きくなりました。

「ところであんた、こーひー好きか?いい店知っとるで行こうか。歩いて行けるで。」

カランカラン(ドアの開ける音)

「わし、いつもの。一緒でよいきゃ?」

「常連さん」ですね。

「ところで今度わしが売りに出す物件な、〇〇号線を北に向かって△△の信号を右に曲がって□□の角を北に・・・、あ、あんた小牧だったな。小牧からだったら・・・」

すごい!歩く住宅地図です!

すかさずスマホを取出し「ここですね。」とストリートヴューを見せると、

あんたもう写真撮ってきたんか!」

・・・出てきた こーひー を一口。

ん!うまい!」本当に美味しい こーひー でした。

昔の営業方法は違ったんだな。と物凄く勉強になりました。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

イベント
17.03.31