名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

火事の心配がない暖房器具 火事の原因はペットだった!?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

せっかくお金をためて、こだわって建てた注文住宅も一瞬のうちになくしてしまう事があります。

 

 

それは地震・火災・水災などが考えられます。今日はその中でも火災について実際あった話を基に記事にしてみますね。

 

ペットが火事を起こすという話

ペットが火事を起こすと聞いたことがありますか?

 

そんな話を始めて耳にしたときは、『それは無いでしょ~』と思いましたが、話を聞いていくうちに、あり得るな。と思いました。ペットが家族の一員として迎え入れられる家庭が増えている今、そのリスクについて考えることはとても大切です。

 

 

犬や猫などのペットが意図せず火事を起こすケースは、全国で実際に起きていて、これにはいくつかの原因があります。

 

主なものとしては、キッチンのコンロや暖房器具の近くにペットが近づき、誤ってスイッチを入れる、もしくは物を倒して火がついてしまうという事故が挙げられます。

 

 

特にキッチンでは、ペットが食べ物を求めてカウンターやコンロの上に乗ることがあります。その過程でコンロのスイッチに触れてしまい、ガスが漏れたり火がついたりすることが考えられます。また、ペットが電気コードをかじったり、電気毛布などの暖房器具の上で寝てしまい、過熱することで火が起こるケースもあります。

 

このような事故を防ぐためには、ペットがいる家庭では次のような予防策を取ることが重要です。

 

  • コンロのノブカバーを使用するか、ペットがキッチンに入れないようにする。
  • 暖房器具や電気製品のコードをペットが届かない場所に保管し、使用しないときはコンセントから抜く。
  • ペットを家に残して外出する際は、危険な物や器具が手の届く範囲にないようにする。
  • ペットをケージに入れていく、若しくはリードでつなぐ。
  • 火災警報器を設置し、定期的に電池の交換や動作確認を行う。

 

ペットヒーターで火事

寒い時期などに ペットも寒いだろうとペットの為に暖房器具(電気毛布的なもの)を使っている場合も注意が必要です。

 

ペットがその暖房器具のコードを嚙んだりして、ショートし近くに合った綿埃に引火。あり得ます。きっと。。。

 

他にも暖房器具の上で排泄などしてしまった場合も漏電の原因になり得ます。そうならない為の対策はペットへの排泄の躾や、どうしてもできない場合はペット用のおむつなどを使用するのもいいかもしれません。

 

ペットヒーターに限らず、ルンバなどのお掃除ロボットも事故事例があるようです。お掃除ロボットの上にペットが乗ったまま排泄したり、お掃除ロボットが動いていない時に排泄していた場合も漏電の原因になり危険です。

 

 

愛するペットとの生活は楽しいものですが、予期せぬ事故から彼らと自分の財産や命を守るためにも、日頃から火災予防に注意を払うことが必要です。事故は まさか!という原因で起きます。ご注意くださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください