株式会社丸協

株式会社丸協

丸協ブログ

丸協スタッフ日々の出来事紹介します。

    上棟式

    晴天に恵まれました (^0^)

    日頃の行いが良いとちゃんと恩恵が・・

    大工さんの人数が多かったので

    その日の内に外周部の構造壁も同時施工!!

    これが断熱材を隙間無く綺麗に入れる事にも貢献し

    建物強度も上げてくれる優れもの( ̄∇+ ̄)v

    基礎の段階では狭いと感じていたのに

    立ち上がると大きいと感動を!!

    この感覚は、大抵のお施主様が感じられる現象ですね♪

    でも一番嬉しかった事は近所の方がお声掛けしてくださり

    【 毎日見ていたけど丁寧な良い仕事するね! 】

    最高の褒め言葉です(⌒-⌒)ニ

    これからもしっかり施工させて頂きますm(_ _)m

    イベント
    17.03.24
     new

    気になる「記事」”欠陥住宅”が続出?

    yahoo!さんをトップに設定している方は多いのではないでしょうか?

    (他社さんの検索サイトが悪いとは言ってませんよ!)

    会社のPCでログアウトするの忘れて起動させ、

    「新着メール〇〇件」

    うわ!気になる!・・・けど開けようか・・・どうしよう・・・

    そんな事を気にしながら「ニュース」欄を眺めていると「記事」を発見。

    そう、こちらのURLhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00001761-bunshun-soci

    (何故かハイパーリンクが使えないのでそれっぽく見せました。)

    沢山受注するのも良いけど結局お客様の事を考えず、利益至上主義に走りすぎ、全てを安く安くと必要以上に追い求め、原理原則を考えずに利益追求に走りすぎた結果なのでしょう。

    記事が本当ならば、お客様が気の毒すぎる。

    「他山の石」にして気を付けます。

     

    イベント
    17.03.17

    行列のできる工務店

    こんばんは。今日は午後から新住協・中部東海支部の研修会に行って来ました。

    今回は行列のできる工務店の【夢・建築工房】さんの取組を聞く事ができました。登壇しての発表内容はこれまたすごい内容で、僕たちの様な業界人でも納得せざるを得ない程の根拠を理路整然と説明できてしまう凄さに驚きです(・_・;

    いい刺激です^_^

    その後は、懇親会

    手前には金子さん・奥に見えるのは会沢さんとこれまた豪華なメンバーです。

    懇親会の良さは発表時には聞けなかった事が聞ける良さがあります。

    今回の懇親会でもレアな情報ゲットし、参加した価値がさらにアップしたところで今日はお家に帰ります

    イベント
    17.03.15

    季節を感じます

    啓蟄の候、皆様いかがお過ごしでしょうか?

    今年も忘れずやってまいりました

    花粉。

    万年鼻炎の私にとって、さらなる飛散が私を苦しめます。

    「今年の花粉は4倍だからね。」

    って、毎年言ってない?

     

    さて”季節”の話ですが、当社で取り扱っている土地の写真を撮り直しに行ってきました。

    以前の写真がコチラ

    そして今回の写真がコチラ

    ちなみに物件はコチラ

    (春日井市/上ノ町 C  https://www.marukyo-net.co.jp/?post_type=fudo&p=9987 )

    違いをお分かりいただけますでしょうか?

    「左側のがない。」

    正解です!

    ・・・、間違いではありませんが私が言いたいのは、

    ”草”です。

    売り出しの頃は青々と伸びていた草が越冬し枯れ果てています。

    と、先輩に話したら「春夏秋冬 自然の摂理」って 遠くを見ながら。。。

    その返し いる?と思いながら。。。

     

     

    でもまたこれから青々とそして強く伸びていくのでしょう。

    「その前に売ってこいよ。」

    ですよね~。

     

    この土地が気になった方は

    丸協 小牧支店

    お問い合わせください!

    イベント
    17.03.06

    相談です。寒いです。ダウンジャケット着てます。

    こんばんは。

    この週末の土日は今までお待たせしておりましたお客様にプランニング提案や、地鎮祭・完成時のお施主様検査・建築相談と盛りだくさんでした。

    建築相談では正直耳を疑う様な相談内容でしたのでブログで書きますね。

    *主な内容は*

    新築分譲購入後2ヶ月のご家族で、昼夜問わず寒すぎて困ってますとの事。

    要因は色々とあるかと思いますが、一概に誰かが悪いとか、そんな単純な事ではない気がします。

    ・お施主様・

    ❶業者から断熱材グレードアップの提案があったのにその時は重要視せずに聞き流した。

    ❷断熱材グレードアップに関する費用は払いたくなかった。

    ❸今時の家なら 大丈夫だと思い込んでいた。(寒くないはずと)

    ・業者・

    ❶断熱材の違いによる室温の差や必要性を明確に説明しきれなかったのかな?

    ❷これに関してはなんとも言えません。。。(汗)

    ❸そもそも温熱環境(室温や省エネ性能値等)に興味がなかったのかもしれませんし、国の基準自体がそんなに高くないのに国の基準だからと過信?し過ぎた?

    問題はお施主様と業者❸の両方の意識なのではないかと個人的には思います。

    そもそも省エネ性能値は ある程度の製品を使えば(チョイスして組み合わせる)なんだかんだ基準値はクリアできます。ただしその組合わせでも施工段階で押さえるべきツボをしっかり押さえればなんとかそれなりにはできます。その押さえるべきツボや勘所?は防湿層・通気層・気密層・断熱層の概念がしっかり理屈として持っていないと見逃してしまいます。その見逃しがいくつも重なると今回の様な取り返しのつかない事になってしまいます。 それでも今の国の基準値はとおってしまいます。そんなものです。

    《省エネ基準をクリア》なんてものは たいした事ないのです。

    今回の相談では業者が悪いとは言えないグレーな感じです。いや、今の建築基準法では違法ではありません。ただ、業者として分譲住宅をたてる場合はもう少し、もう少しで良いのでデザイン重視・販売価格重視だけに囚われず、温熱環境も意識した住宅にして欲しいなと思います。

    同じ土地・同じ販売価格でも性能の違う(暖かい家と寒い家は)建てれます。工夫しだいです。

    奥様は寒過ぎて  <霜焼けになった>

    旦那様は <ダウンジャケット着て過ごしてます>

    と言っておられましたが、せっかく遠くから弊社までお越しいただいたので、お話を聞くだけでは。。。

    という事で、後日 お宅訪問して何か出来る事は無いのかお邪魔して検証してきます。

    どちらにしても住まわれているお施主様が気の毒です。

    イベント
    17.03.05

    気密測定!!

    春日井のS様邸で気密測定を行ないました!

    こんな(バズーカのような)機械や

    こんな機械で!!

    高そ~(゚o゚)

    結果が出るのが楽しみですわぁー

    施工現場を全棟気密測定を実施してますので大体の数字の予測はできますが、

    ひょっとしたら がある為確認の意味と安心の意味と。。。

    良い結果出ても次はよりもっと高みを目指すぞ!

    最近の楽しみは 気密測定の結果だったりもする。

    C値とは別に隙間特性値も大切なのです。

    一般論ですが、気密を意識して作っている住宅は隙間特性値が1.0~1.5以内

    に収まるようです。RC住宅などは1.5前後だそうです(あくまで一般論です)

    さて、もうすぐ引渡しです\(^○^)/

    気を引き締めて最後までしっかり施工します。お客様の最高の笑顔を引き出すのも

    私 監督の仕事でもあります! <かっこ付けすぎました<(_ _)>

    イベント
    17.03.02

    事件発生 低気密低断熱

    こんばんは。

    今日の記事は     **ウチで起きたことではありません**(これ大事)

    温熱環境建築のパイオニアでもある会社社長から、

    こんな相談受けたけど。。。どうなんやろ?とメールが入った。

    <設計士さんが建てた家に住み始めて2年経ちますが、暖房が効かずに寒くて仕方ないんですが見てもらえませんか?>との内容。

    早速現地調査すると、やっぱりか。。。の連続だったそうです。

    本来あるべきはずの所にモノがない、躯体貫通の仕方させ方が雑(隙間だらけ)、そして何より高気密高断熱工事を舐めているかの様な原理原則を無視した施工。

    真実を伝えた方がいいだろうか?と。。。

    僕の考えは、取り繕った説明を施主様にするより、プロとして状況の説明を、他社批判せずにすることがベストだと思います。

    事実を知った施主様はショックだと思いますし、お伝えする事が酷である様に聞こえるかもしれませんが、その方が今後の対応策が練れると思います。

    高気密高断熱工事はやっぱり実績をコツコツ積まないと一朝一夕には難しいです。

    今回のケースで一番気の毒なのは、何より施主様です。

    施主様が建築時にそれに気づくのは難しいです。

    お施主様の疑問質問にしっかりと根拠を示して答えれる会社に成るべく日々精進は怠らない様にします。

     

     

     

    イベント
    17.03.01

    高気密高断熱 構造見学会! in  名古屋

    《 高気密高断熱住宅 》の見学会を行ないました (^^)

                ・ハダカグラスウール 天井に200mm!壁に100mm!+ α

                ・基礎断熱 スタイロエースⅡ65mm!+ α

                ・サッシ  ○○

                ・可変透湿機能付き気密シート ○○○

                ・透湿防水シート ○○○

                ・その他etc etc

                 快適に暮らして頂くには正しい知識に正しい施工!!

                 材料がどんなに凄くても間違った知識で施工した場合

                 価格だけ高くて機能を果たさないただ高いだけの家に・・・(>_<)

    最近の楽しみは完成後の気密測定(^0^)

    こちらの完成見学会は3/25(土)26(日)に予定です。

    予約制なのでお問い合せ宜しくお願い致しますm(_ _)m

    高気密高断熱住宅にご興味がある方は、

    お気軽にお問い合せ下さいね (^▽^)/

    イベント
    17.02.23

    あいしんぐくっきー

    モデルハウス開放 (^-^)ノ゙

    みんなで集まってお菓子作り♪♪

    上手に出来たかなぁ~??

    そういえばもう直ぐバレンタインデー( ̄∇+ ̄)vキラーン

    また作りに来て下さいね\(^○^)/

    イベント
    17.02.06

    ものづくりの こだわり

    建築って各所多様な材料があり、どれを選定するのか本当に迷います。

    考え出したらキリが無く、点で比べると軍配が上がるものでも、面で考えるとそうでない。

    最終的にはバランスが大切なのかなと思う今日この頃?であります。そんな中、

    とあるメーカーさんが是非うちの商品をご覧頂きたいとの事である施設にお呼ばれしました。

    (心の中では、他に優良工務店さんがあるのに何故?と恐縮しておりました)

    とはいえ、新商品がこの値段です!ぜひお使いください的な話かと思いながら

    足を運ぶと全然違う内容で、正直びっくりしました。

    今までの欠点(うちが勝手に欠点と思っていただけですが)を改良してあり、

    理にかなった商品に生まれ変わっていた事が素晴らしいです。

    今まではこのシリーズはこれが限界なのかな?と、使わないようにしてましたが、

    これからは積極的に使っていけるような商品になっていました。

    いつも弊社は高気密高断熱を念頭に置き、何故そこにそれを選定したのかの理由を明確に持つ

    ようにしております。これからその商品を選定した際、明確に選定理由の説明ができます。

    メーカーの担当者さんも他社の批判をせずにご説明されていた点も素晴らしかったです。

    メーカーさんの ものつくりのこだわり を感じることができました。

    (ここではあんまり細かいことはかけませんが・・・)

    個人的にはもっと早く本気出してくれたら良かったのにとも思いました(^’^)

    お  わ  り

     

    イベント
    17.01.25
1 2 3 4 5 6 36