株式会社丸協

株式会社丸協

  1. ホーム
  2. ニュース・イベント
  3. 樹脂サッシは割れる!? 本当にいいのか?樹脂サッシ

樹脂サッシは割れる!? 本当にいいのか?樹脂サッシ

樹脂サッシは割れる!?

 

ここ数年の間に住宅業界で少しづつ普及してきた樹脂サッシですが、今まではサッシと言えばアルミサッシを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

人間は、自分の知らないものや普及率の低いものには少し懐疑的で、真実とは関係のない不安を覚えてしまうものです。

 

そこで今日は、樹脂サッシは割れる?本当はどうなの?樹脂サッシなんて初めて聞いた!という方の為に書いていきたいと思います。

 

樹脂サッシ本当は?割れるんじゃ?

 

 

 

 

 

 

 

樹脂サッシの欠点(デメリット)も知っておこう

 

この愛知県のエリアではあまり聞きなれない樹脂サッシかもしれませんが、全国的にみると住宅に気密性・断熱性を必要とする寒い地方で特に人気の高い「樹脂サッシ」ですが、本当に暖かいのでしょうか?本当に良い事ばかりなのでしょうか?

新築やリフォーム、マンションやアパート選びの際、窓の性能は少なからず注目した方が良い箇所です。サッシは熱や空気の出入りが多い場所でもありますので窓の性能1つで、住み心地も随分と変わってきます。馴染みあるアルミサッシと比べてみましたので、どちらのサッシが自分の求めるものにあっているかチェックしてみてください。

 

 

「樹脂サッシ」とは?

「樹脂サッシ」の画像検索結果

YKKさんのHPより

 

まず、樹脂サッシとは、フライパンの取っ手などによく使用される樹脂の素材を使って作られている窓サッシの事を言います。最初は温熱建築先進国のドイツから広がり、その後北米や北欧と寒冷地を中心に普及していきました。日本ではアルミサッシの方が全国的に普及しています。

 

北海道では90%前後、東北でも50%前後と冬の寒さが厳しい地方では樹脂サッシを使用している住宅の方が多いです。樹脂サッシの最大の魅力は気密性と断熱性が高い事。全国的に普及しているアルミサッシに比べ、冷気や暖気を通しにくく、すきま風が侵入しにくいということも言えます。

 

冷気を通しにくい(伝えにくい)ので、部屋の温度が下がりにくい為、冬場も快適に過ごすことができます。また熱の出入りもしにくいので、部屋の暖気が逃げにくいのも魅力です。寒くなりにくく、部屋の熱も逃げにくい。なので、寒い地域の住宅に採用されやすいと言う事です。熱だけでなく、音の出入りもしにくい遮音性の高さも注目されています。

 

 

「アルミサッシ」とは?

「アルミサッシ フレミング」の画像検索結果YKKさんのHPより

 

アルミサッシとは、日本で最も普及しているアルミ素材を使って作られている窓サッシです。加工しやすく、かつ安い費用で生産することができ、高い耐久性があるのが魅力の一つ。表面に特殊な加工を施す事によってさらに耐久性が高まりますが、外気や気候の影響を受けすやすいのが欠点かもしれません。

 

特別寒冷地でもなく、とにかく安い費用で抑えたいといった方に向いている種類と言えます。ただし、断熱性が低く熱伝導率が高めなので窓の性能で見ると樹脂サッシよりは劣ってしまう部分があるのでご注意を。冬場はサッシ自体が冷えてしまいやすく、結露もしやすい。部屋の温度調整も難しくなるので寒冷地向きではないでしょう。

 

 

樹脂  VS  アルミ

 

 

ざっと樹脂サッシとアルミサッシの特徴や魅力をご紹介しましたが、もう少し分かりやすく特徴ごとに比較してみたのでチェックしてみてください。

 

断熱性能

塩化ビニール樹脂が素材の「樹脂サッシ」とアルミニウムが素材の「アルミサッシ」、まず熱抵抗値(熱移動のしにくさ)で見ると樹脂サッシの方が高くなります。結露もアルミサッシは発生しやすいのに対し、樹脂サッシは発生しにくいのが特徴。デザイン性、そしてカラーバリエーションの豊富さも樹脂サッシに軍配が上がります。窓の性能重視で見るとやはり樹脂サッシの方が魅力的です。

 

強度と耐久性

強度と耐久性で見るとアルミサッシの方が優れている気がします。断熱性や遮音性も大切ですが、強度や耐久性が低いと長く愛用するのは難しくなってきます。その点、アルミサッシは衝撃に強く、アルマイト加工を表面に施す事によって

さらに強度と耐久性を上げることが可能。また、樹脂サッシよりも軽く扱いやすい・加工しやすいのもポイントです。

 

コスト

コスト面で見るとこちらもアルミサッシに軍配があがります。窓サッシの種類はこの2種類以外にもありますが、その中でアルミサッシは最も費用が安いと言われているんです。窓としての性能が高い樹脂サッシも魅力ですが、その分やはりコストが高くなってしまいます。

 

 

樹脂サッシの欠点  (デメリット)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほども言いましたが、樹脂サッシの欠点(デメリット)はアルミサッシに比べ「耐久性や強度がそこまで高くない」「コストパフォーマンスが悪い」という点です。アルミサッシよりも強度や耐久性が低い樹脂サッシはサッシ自体を厚くする事によって強くすることが可能ですが、その分重くなるので扱いも容易ではなく、窓の開閉にも重さが出てしまいます。お年寄りの方や窓の開け閉めを頻繁に行う家庭だと少し不便さを感じてしまうかもしれません。最近は樹脂サッシの重さを抑えて強度を上げる加工もされるようになりましたので、

以前よりは扱いやすくなっては来ています。

 

そしてもう1つのデメリットがコストパフォーマンスの悪さ。仕入れ作業に負担がかかってしまう点や素材自体の価格により、アルミサッシよりも2倍前後のコストがかかると言われています。1フレーム10万円前後は見ておいた方が良いでしょう。少しでも費用を抑えたいのであれば、樹脂とアルミの良い所どり?をしたい場合は、樹脂とアルミを複合した種類(ハイブリッドサッシとも言う)も視野に入れても良いかもしれません。

 

 

樹脂サッシは本当に結露しないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラス結露はこんな感じ。

 

結論から言うと条件が揃えば結露はします。但し、結露する状態になるまでの状態になりにくいと言う事です。極論ですが空気があり、中と外の温度差があれば結露はします。

 

その温度差が生じにくいのが樹脂サッシと言う事です。

 

結露は放置するとカビなどの原因になり、金属製のものだとサビの原因にもなってしまいます。クロスなどを拭く作業も面倒ですよね。温度を伝えにくい樹脂サッシは結露しにくいという特徴があります。実際に樹脂サッシを採用している住宅に住んでいる方の口コミをチェックしてみましたが、アルミサッシと比べると確かに結露はしにくいと評価されています。ですが、ここで勘違いしてはいけないのは、先ほども極論で書きましたが、「結露しにくい」のであって「完全に結露しない」という事ではありません。

 

樹脂サッシと言ってもその種類は様々です。厚みによる強度や構造的な空気層の個数にもよりますが、結露が発生する事もあるので少しで良いので頭に入れておきましょう。樹脂サッシでも結露や水滴を放置しているとカビが発生しやすくなってしまいます。

 

一方アルミサッシは安価で採用しやすいメリットもありますが、結露の点では樹脂サッシに軍配が上がります。もう少し言うと、冷えたアルミのフレームはそこから熱が奪われていくので空気の対流が起こります。ガラス表面の温度低下とフレームの温度低下に、それに加えサッシの隙間からの空気の流入により【隙間風】と感じることもあるようです。北海道ではアルミサッシの結露水が凍って朝窓があけれないと言う事もあるそうです。

 

 

結露のメカニズム

「空気線図」の画像検索結果

こちらは湿り空気線図(軽く無視してください)

 

結露はどうやって発生するか、詳しく知らない方も多いと思いますのでそのメカニズムをご紹介します。結露が発生する主な原因は「湿度」と「温度差」。室内と外の温度差が大きくなればなるほど室内の湿気を含んだ空気が外気に冷やされ、結露が生じてしまうのです。

 

夏場は室内と外の温度差が低いのに対し、冬場は部屋を暖めようと窓を閉め切るためすぐに外との温度差が大きくなってしまうので寒い季節になると結露が発生しやすくなるんですね。逆を言えば冬場でも温度差に注意して、室内の湿度を低めに保てれば結露対策ができますが、それでは家を建てた意味がありません。。。だって、結露させないために部屋の中の温度を上げれないなんて地獄です。。。

結露しにくい樹脂サッシを採用すれば快適を保ちつつ対策する事ができます。

 

 

樹脂サッシの効果  (熱伝導)は?

 

 

樹脂サッシの主な素材である塩化ビニール樹脂は熱伝導率が低く、その断熱性は熱を伝えやすいアルミサッシよりもはるかに優れている為、結露も生じにくいという事です。熱伝導率が高い(断熱性が低い)と結露が出来やすくなる、イメージしやすいのは夏場の麦茶。冷えた麦茶をガラスのコップに入っているのを思い出してみて下さい。ガラス表面にすぐに水滴がつきますよね?あのイメージを覚えておくと少しはわかりやすいかもしれません。

 

樹脂サッシにさらに断熱性の高い複合ガラス≪LOW-Eガラス≫やガラスとガラスの間の乾燥空気を≪アルゴンガス≫や≪クリプトンガス≫に変更する方法も人気があります。

 

もっとマニアックな方はスペーサーをアルミから樹脂に変える方もいます。ただ、その際の注意点としてはシミュレーションをする事です。良いとされるものを組み合わせれば単純に良いものが出来る訳ではありません。それぞれの長所がケンカ?するみたいなこともあるのでそこは工務店さんにお尋ねすると良いと思います。

 

その際の判断基準は暖冷房エネルギーの大小で決めれば良いです。温度差の影響を受けやすい窓のサッシには、より結露しににくい樹脂サッシを採用すると良いかと思います。少しづつではありますが樹脂サッシも普及してきていて、アルミサッシとの価格差もそんなに大きくはありません。

 

2020年の改正省エネ基準の義務化以降はアルミサッシが時代遅れになってくる事はすぐのことかもしれませ。あ~あの頃の建物なんだと。。。ちなみに私の家はアルミサッシですので結露に悩まされています。

 

 

まとめ

 

窓のサッシは室内の温度を快適にキープするのに大切な存在です。壁や天井よりも空気中の熱を通しやすく、結露の影響も受けやすい部分であります。

「窓」1つで生活のしやすさ・快適さも変わってくるんです。窓ガラスやサッシの断熱性能が高くても、建物自体の断熱性や気密性が低いと快適な生活環境つくりには程遠くなってしまいます。窓サッシににこだわるのと同時に今度はぜひ、壁の断熱性能にも興味を持ってみてください。

 

自分の住んでいる地域や気候、そしてデザインや好みに合わせてサッシの選定をして下さい。また、その説明がしっかりできる工務店さんと家つくりを進めてください。「耐久性と強度」「コスト」などにこだわるならアルミサッシ、「断熱性の高さ」「結露のしにくさ」などにこだわるなら樹脂サッシと選び分けるのが賢い住宅選びのコツなのではないかと思います。どちらもサッシ選びにおいて正解だと思います。

 

どちらのサッシもメリットデメリット・長所短所がありますのでそれを理解したうえでの選択がベストだと思いブログにしました。皆様の参考に少しでもなれば幸いです。

 

補足:大きなお世話

 

耐震基準を満たさない昔の家の売買をするとき、新耐震基準に適合していないと言う事で売主様の希望価格がつかない事が良くあります。2020年の住宅の省エネ義務化によりひょっとすると近い将来≪改正省エネ基準不適合建物≫と言う事で、資産価値が落ちてしまう事もあるのかも?

大きなお世話ついで、ブログには書けない、、、もう少し踏み込んだ業界の裏事情をメルマガで配信しております。ご興味ある方は下記からアドレス登録いただくと業界の裏事情や日々の生活の為になる事等配信しております。いつでも配信解除できますのでご興味ある方はぜひ!良かったら

【ゆる~く日刊】ゆるマガ  ↓

メルマガ登録はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

イベント
18.10.24
Fudousan Plugin Ver.1.8.2