名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

リビング階段で後悔しないために 

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

◆今回の記事はこんな方の為にかいてます。

⇒リビング階段を採用しようか迷っている方へ

⇒リビング階段で失敗したくない方へ

◆今回の記事を読むと以下の事がわかります。

⇒リビング階段のメリット&デメリット

⇒リビング階段採用時の注意点

 

リビング階段の家に憧れる!

 

最近、リビングに階段を設置するのは人気のある間取りで、家を建てる時リビング階段にする人が増加してきています。最近では、テレビや雑誌で紹介させることも多くあります。

しかし、リビング階段にして後悔した!という方も多くいますし、リビング階段は寒いから、、、暖冷房効率が悪いからやめましょう!なんて言う業者さんもいたりとか。。。。これから家づくりを考えている方にとっては実際はどうなの?となると思います。今日はそんな???にお答え出来たらいいなと思っています。

 

リビング階段はメリット・デメリットが多くあることもリビング階段を考えるときの重要なポイントになると思います。後悔しないためにもリビング階段には、どのようなメリット・デメリットがあるのが一緒に見ていきましょう。

 

リビング階段のメリット

 

リビング階段の代表的なメリットとして

・家族の顔を見る機会が増える

・リビングが広く開放的に見える

・家族とコミュニケーションがとりやすい

    など、リビング階段は開放的で尚且つリビングを広く見せるなど、メリットがあります。

    家族の顔を見る機会が増える

    1番目のメリットは、リビングで家族が顔を合わせる機会が増えるということです。

    廊下階段の場合、玄関からそのまま2階に上がることが出来るので家族の顔を見ないでも自分の部屋に行くことが出来ます。また、いつの間にか子供が外出していた!なんてことも。

    リビング階段にしたさい、リビングを通過しないと2階に行くことが出来ないので、自然に家族と顔を合わせることが日常となります。

    リビングに階段を設けることで、お子さんの些細な変化にも気がつくようになります。誰が、いつ外出し、帰宅したのかの把握も容易になるでしょう。

     

    リビングが広く開放的に見える

    2番目のメリットとして、リビングに階段をつけることで広く見えるということです。

    階段をリビングに設置しないとなると、階段を廊下に設置することになります。廊下を設けると、廊下とリビングの間に壁ができてしまいます。リビングに階段を設けると、廊下との壁がなくなりリビングが広く見えます。

    また、リビングに階段を設けると上下に視線が広がるので、リビングが広く、大きく見えます

     

    家族とコミュニケーションがとりやすい

    3番目のメリットとして、2階とのコミュニケーションがとりやすくなります。

    ごはん等の際、リビングで食事の支度をしながらでも声をかけることが出来ます。わざわざ廊下に出なくても呼びかけながら支度ができるので時間短縮にもなります。家事をしながら上階へ声をかけることが出来、リビングを通り2階に上がるのでコミュニケーションの場ともなるでしょう。

     

    リビング階段のデメリット

     

    デメリットとして

    ・冷暖房効率が悪い

    ・料理の匂い・音が上階にする

    ・来客者と顔を合わせやすい

     

     など、メリットもある分、デメリットも多く挙げられます。

    冷暖房効率が悪い

    1番目のデメリットは、部屋が温まりにくいということです。ですがこれは一般的な住宅の場合であり、高気密高断熱の家の場合はそうでもありません。

    冬になると暖かい空気はどうしても上へ上昇していき、2階から冷たい空気がリビング階段をつたって下がってくるので、気密断熱を意識していない家だと、どうしても寒くなる傾向があります。

    しかし最近の住宅は、断熱性と気密性に優れている住宅だと、リビングが寒いということはないでしょう。

    リビングに階段を設置することで部屋が広く感じる効果もありますし、家全体の温度差を小さくするのにも役立つのでは?と思います。

     

    料理の匂い・音が上階にする

    2番目のデメリットは、吹き抜けの家と同じように空間が開放的なので、匂い・音が2階に伝わりやすいということです。

    肉料理や魚料理などの気になる匂いや食器を洗う音、テレビの音声などがリビング階段を通して2階に聞こえていくので注意が必要です。どうしてもリビング階段にしたい!と言う場合、階段とキッチンの位置をある程度離すことや、換気量を多くする事を意識すると良いかもしれません。

     

    来客者と顔を合わせやすい

    3番目のデメリットは、2階に行くとしてもリビングを通らないとならないので、家に来た来客者と顔を合わせやすいということです。年頃の子供がいると嫌がるかもしれませんね。。。そんな時期ありましたでしょ?(笑)

    リビングを絶対通らないと自分の部屋に行くことが出来ない。。。来客者がいる事を知らずに降りてくるとバッタリ会ってしまう。。。休日は子どもの友達が遊びにきてリビングを通って2階に行く。。。リビング階段にすると家族以外もリビングにいる事にもなります。

     

    リビング階段の間取りの注意点

    リビング階段を考えたとき、まずは家族の生活スタイルをイメージしてみましょう。子供が大きくなり、友達が遊びに来たら。。。急な来客にも対応できるようにリビングは常に清潔に保っておくことが重要です。

    1番注意しなければならないポイントは生活動線です。キッチン、トイレ、お風呂などの水回りとリビング階段の位置関係をきちんと見ていくことが必要です。

    一度つけてしまった階段は動かすことが出来ないので慎重に考えましょう。

    まとめ

    リビング階段のメリット・デメリット、注意点、少しでも分かってもらえたでしょうか?

    ・断熱性・気密性に優れた住宅にすることが重要。

    ・リビング階段とキッチンの位置関係。

    ・家族と来客との距離感、プライバシー。

     

    これから新築住宅を考えている方は、参考にしてください。

    この記事を書いている人 - WRITER -

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください