名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

収納は“術”できまるの?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

収納がたくさんほしい」「置き場所に困っている」

とおっしゃる方はよくいます。そんなニーズもあってか、いろいろなメディアで洋服のたたみ方やタオルの収納方法など様々な“収納術”よく紹介しているのを見かけます。

収納は住宅の間取り・プランニングを考えるとき、または住宅を購入される上でとても重要になってくるポイントです。もちろんたくさんのクローゼットや押入などの収納スペースがある住宅はとても魅力的に感じますし、それに越したことはありません。

でも果たして本当に収納の“数”が多ければよいのでしょうか。“スペース”が広ければよいのでしょうか。はたまた“術”を勉強すればよいのでしょうか。

これからご紹介する内容は“収納を知る “という事についてです。その人の趣味やライフスタイルで持っているもの、収集しているものは十人十色になってきます。まずは自分の持っているモノの形状や大きさを理解し、何を収納するのか目的をもつことが収納のスタートラインに立つ事になる事でしょう。

収納とクローゼットと押入の寸法

住宅の一般的なクローゼットや押入の寸法は奥行が91センチ×巾が182センチとなります。奥行きが91センチと図面などに表記してある場合、実際の有効スペースは80センチ程度になります。この80センチのスペースは3枚折にした布団を収納するのにちょうどよい寸法とされています。

では洋服だとどうでしょうか。ジャケットやコートは基本ハンガーに掛け状態で収納すると思います。その時の衣類の巾(奥行)は約50~60センチとされていますのでそうした場合、クローゼットの中は単純計算で約20センチの隙間が生じるということになります。もしその20センチの隙間が無駄だなと感じ、それなら極力減らして、少しでも部屋を広くしたいと思った方は奥行91センチ×巾182センチのクローゼットから奥行70センチ×巾182センチのクローゼットに変えるのもありかもしれません。

 

 

 

収納と棚の関係

棚にはいろいろな種類があります。先ほどご説明したクローゼットの中にも高さが170センチ程度のところに棚があったり、布団を置くための棚、ディスプレイとして楽しむ棚、水回り周辺に取り付けている棚など様々に存在します。これらの棚を収納として有効活用するためにも置くものとその用途が明確でなければいけません。

例えば奥行45センチもある棚にコップを一つ置いたとしてください。まだまだ非常にスペースがあり、コップを置くだけではもったいなく感じると思います。すると残りのスペースにモノをどんどん置いてしまう事になります。結果コップが他のモノに埋もれていき、非常に取り出しにくくなりますし、最悪の場合そのまま埋もれてコップの存在を忘れてしまう可能性があります。そういった事態を未然に防ぐためにもどのようなモノを置くのか、どのようにして棚を使用するのか、ただやみくもに棚を設けるのではなく、明確な理由を持つことが大切でしょう

 

水回りにおける収納

水回り空間にははモノが溢れかえってしまいます。例えば洗面室ではタオルなど毎日使う日用品やストック品などがありますが、それらを1.0坪の空間に収めようとすると収納に限りが出てきてしまいます。やはり普段使用している日用品、ストック品の大きさ・寸法を知り、それに合うラックやケース、棚などの収納スペースを作ることが必要になってきます。あと住宅の間取りの話とは少しかけはなれますが、定品・定量・定位置という考えがあります。企業や会社などが在庫管理を行うときの意識・考え方で、どういうことかと簡単に説明いたしますと、

例:トイレットペーパー(定品)は五本まで(定量)ストックし、物入の下から二段目の棚の右側(定位置)に収納する

というルールを決めることです。決めたモノを、決めた数だけ、決めた場所に保管するというルールを作ることですっきりとした収納を実現することができると思います。

 

D.I.Yで収納を増やす

収納スペースがないから…とあきらめている方もいるかもしれません。でも心配無用です。

ないなら作ればいいのです

昨今D.I.Yという言葉が取り上げられ、雑誌やTV、インターネットのよく耳にしたり、見かけたりすると思います。その中で自分たちが気にいったもの参考にし、棚やラックを作ることも有効的だと思います。

クローゼットや押入にモノを収納し隠すことだけが収納ではありません。

“見せる収納”もあるのです。例えば読まなくなった本や、処分に困っている本があれば棚を作りディスプレイとして活用し、そこに本を並べていけばそれは立派な収納になります。

 

ブログだけでは丸協 小牧支店って

どんな会社かわからない~って方へ

こんな会社です。

資料請求ページです。

 

ブログに書けないような内容も普段の

メルマガ形式でお届けしております。

建築業界のヤミ・業者の本音も

たまに書いてます↓

メルマガ登録はこちら

 

メルマガではこんなことを配信しています

 読者さんの為になる話

 最新の住宅事情

 土地の考え方

 間取りの考え方

 お金の性質の事

 高気密高断熱住宅のコツ

 ブログでは書けない業界の裏話

 読者様限定の見学会

 

ご登録はこちらから↓

【ゆる~く日刊】メルマガ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください