名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

新住協2019 名古屋から

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

新住協 全国総会

 

2019年9月26日~27日新住協全国総会に名古屋から行ってまいりました。今回の場所は仙台でしたので新幹線で一路。富士山を見ながら。しかも今回は入社2年目の若いスタッフを連れて。

 

さて、そんな事はさておき、新しいQPEXバージョン3.71がリリース?アップデートされました。

新住協 QPEX

主な変更点は

①冬の設定温度が18度から20度に変更されました。設定温度が上げられたと言う事は、その温度を保つために必要な暖冷房費が必要となりますので、今日かとしては厳しくなった事になります。

 

②全室暖冷房を前提として必要とされる暖冷房設備容量を計算します。

全室の温度を一定に保つために必要なエネルギー量が求められるので、こちらも厳しい条件になったと言う事です。

 

③室温シミュレーション機能が出来ました。それはこちらです。

 

*上記は一例です*

これは!どの部屋がどれくらいの温度変化・室温変化が 目視確認できるのでわかりやすい一目瞭然の機能です。

 

新住協 シミュレーション

いきなり QPEXを使ってシミュレーションをすると入力作業に(建築・温熱的知識が必要なので) 結構時間がかかります。時間がかかってもシミュレーションはやるべきだと思います。

 

ある程度の図面と仕様が決まってからシミュレーションをするようにしないと、全く意味のないシミュレーションになってしまいますので、注意が必要です。

ですが、全棟QPEXによるシミュレーションをしているとほぼほぼ 暖冷房費やQ値が予想が出来ますので自分の勘が役立っております!そんなに大差は有りません。

 

新住協って?

このニュースを始めてみた方は 新住協って何?って思われる方もお見えになるかと思いますので下記に紹介記事を貼っておきます。

新住協って?何してるところ?

 

 

—————————————–

ブログだけでは丸協 小牧支店って

どんな会社かわからない~って方へ

こんな会社です。

資料請求ページです。

 

ブログに書けないような内容も普段の

メルマガ形式でお届けしております。

建築業界のヤミ・業者の本音も

たまに書いてます↓

メルマガ登録はこちら

 

メルマガではこんなことを配信しています

 読者さんの為になる話

 最新の住宅事情

 土地の考え方

 間取りの考え方

 お金の性質の事

 高気密高断熱住宅のコツ

 ブログでは書けない業界の裏話

 読者様限定の見学会

 

ご登録はこちらから↓

【ゆる~く日刊】メルマガ

 

登録解除はいつでも簡単にできます。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Fudousan Plugin Ver.1.8.2