名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

新住協って?何してるところ?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

新住協って?

まずは、新住協について。めちゃくちゃ簡単に言うと高気密高断熱住宅の普及に取り組む意思を持つ勉強熱心な全国の工務店が集まる団体です。その新住協の活動理念は【良質な住宅が誰にでも求められるように(ともに進化する)こと】がモットーです

新住協は開かれた技術集団です。この開かれたがポイントではないか?と思います。

建築業界にはいろんな理念の基、色んな団体がありますが、そのほとんどが団体・組織の中でだけで技術や情報をクローズしてしまう事が多いのですが、新住協は技術や各情報はどのような人に対してもオープンにしています。せっかくの優れた技術や情報も多くの人に知られてこそ、その価値が増大していき、高気密高断熱の良質な住宅が日本に1件でも多く建築されていく事で住宅被害者を減らし、かつ日本のエネルギー問題にも貢献できていくものだと考えているからです。

 

新住協は、特定の営利団体からは独立した開かれた民間の技術開発団体です。
これまで、全国の工務店、設計事務所、建材メーカー、建材販売店、大学や公共の研究機関が参加し、住まいづくりの実践現場と研究機関とが係わり、生きた情報を交換し合うことで、革命的な住宅技術を開発してきました。そして、その技術を独り占めすることなく、お互いにわかちあうことで、より安価で高品質な汎用技術へと育ててきました。

 

新住協は、平成16年特定非営利活動法人として新たなスタートをしました。
これからは、住宅の供給に携わる専門家と、いい家の普及を望む市民とが協働して、誰でもがいい家を求められる社会環境づくりをめざして活動します。
安全安心、快適健康、省エネ省資源、地球環境保全、地域の住文化、今さまざまな課題が問われています。
すべては技術の革新が推進の原動力になるものと確信しています。

活動目的

この法人は、良質な住宅の普及を望む市民と住宅供給に携わる研究者や技術者が協働して、各種木造工法住宅の技術研究に取り組み、誰でもが良質で安価な住宅が求められる社会環境を構築する事業を行い、それらの活動が社会的に、豊かな住文化の育成、地球環境の保全、住宅技術の振興及び地域経済の活性化に寄与することを目的とする。

新住協の活動

この法人は、良質な住宅の普及のために、住宅供給に携わる研究者や技術者が協働して、各種木造工法の技術研究に取り組み、誰でもが良質で安価な住宅が求められる社会環境を構築する事業を行い、それらの活動が社会的に豊かな住文化の育成、地球環境の保全、住宅技術の振興及び地域経済の活性化に寄与することを目的とする。

 

*活動目的・新住協の活動=新住協HPより抜粋

 

新住協のメリットデメリット

新住協の会員数は年々増加して行っております。それだけ高気密高断熱住宅へのp客さんからの需要の高まりと私達作り手の意識の向上があると思います。新住協の会員さんは全国各地に散らばっておりそれぞれの地域で潜んでおります(笑)。この潜んでいるという表現は。。。ほぼ共通して言えるのが皆、広告宣伝などに疎く自らガンガンと前に行くような営業をしていないので、あまり知られていなかったりします。良い物を(モクモクと創る)イメージです。しかし、いざ話し出すと高気密高断熱の事や住宅の事などは話し出すと止まりません。年に一度の総会などは異様な雰囲気で、総会だけではモノ足らずその後の懇親会・二次会三次会までも建築談議が続くような変態の集まりと言ってもよいかもしれません(笑)*変態とは最上級の誉め言葉です。

皆さんも【新住協○○】とHPで検索してみてください。(○○には地域名を入れてみてください)。

 

 

新住協のメリット

まずは、建築の温熱に対する考え方が変わる事が挙げられます。そして新住協と言えばQPEXというシミュレーションソフトで暖冷房費のシミュレーションができる事が特徴です。家のどこから熱が逃げやすく、強化しなければいけないのか等が一目瞭然でわかり、その対策が練りやすいのも特徴です。

QPEXの入力項目一部紹介

方位・隣地の状況・距離・基礎形状・サッシグレード・ガラス種・庇の出幅と高さ・屋根壁断熱仕様・屋根壁構成・換気種別とその能力・設定温度等入力項目を入力していきます。

 

(めちゃくちゃある。。。と思った方。。。実はまだまだありますほんの一例です)(-_-;)

新住協のデメリット?

会員で非常に書きにくいのですが、、、温熱一辺倒の建築の場合、意匠性が少し難ありになってしまう事。(ウチの場合だけかもしれません)。温熱性能を担保しつつ意匠性も日々勉強しています。

次に、価格が上がって行き過ぎる場合がある。断熱材一つとってみても、いい物をもっともっととやっていくと確かに性能は上がりますが、それに伴い価格も上がっていきます。その地域の丁度良いレベルを探し、住まい方と相談してオーバースペックにならないように建築する事が重要だと思います。QPEXを活用し丁度良いを探しましょう。

 

新住協 名古屋

会員ってどこにいるの?

名古屋エリアは新住協の中部東海支部エリアに属していて関東以北程ではありませんが、多数の会社さんが所属しています。みな日々切磋琢磨して高気密高断熱住宅を建築しています。

新住協マスター会員名簿

 

新住協会員でも差がある!?

これは正直な話、、、あると思います。

新住協=高気密高断熱住宅のスペシャリスト!と言うイメージが強く、そのイメージ欲しさに加盟している会社さんもあります。こればっかりは直接色んな話をしてみないと分らないと思います。一番衝撃だったのがある総会の時の事、休憩中に立ち話での会話【高気密高断熱の仕方を知っている事が重要で、QPEXが欲しかったの。使うかどうかはわかりませんけど】。これ同じ新住協の会員さんの言葉です。いまだにその会社さんは加盟しています。。。

 

新住協の中ですら意識の差があるので、もっと範囲の大きな建築業界ではもっと多くの考え方が存在します。それぞれの会社さんで考え方が違いそれぞれの良さがあると思います。どんな建築よりも【高気密高断熱が何よりも最高だ!】と声高らかに押し付けたりしませんが、住み続ける為の生涯コストを見た時、高気密高断熱住宅を候補の一つに入れて考える事は良い事だと思います。

 

おまけ

では、高気密高断熱住宅に対してのメーカーさんや工務店さんの意識レベルを知るための質問は。

【C値って何?】

【Q値って?UA値は何?】

【断熱欠損って何の事ですか?】

【気密層って何?どこでとってますか?】

【高気密高断熱住宅って息苦しいって聞きますが本当ですか?】

 

今検討中の工務店さんやメーカーさんに聞いてみてください。

 

新住協だけが良い団体とは限りません。ほかにも良い団体は多数存在します。

 

 

 

 


ブログに書けないような内容も普段

メルマガ形式でお届けしております。

建築業界のヤミ・業者の本音も

たまに書いてます↓

メルマガ登録はこちら

 

メルマガではこんなことを配信しています

 読者さんの為になる話

 最新の住宅事情

 土地の考え方

 間取りの考え方

 お金の性質の事

 高気密高断熱住宅のコツ

 ブログでは書けない業界の裏話

 読者様限定の見学会

 

ご登録はこちらから↓

【ゆる~く日刊】メルマガ

 

登録解除はいつでも簡単にできます。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください