名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

土間収納失敗した、、、と後悔する前に読んでほしい

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

土間収納失敗した…土間を有効活用するには?広がりのある空間、おしゃれ感のある家って憧れますよね。

 

「ありきたりじゃない家にしたい!!」

パパ

「ゆとりある玄関空間にしたい!!」

パパ

 

そんな方々に支持されている土間。土間があるだけで玄関は広々、間取りによってはリビングも広々感じられていいですよね!!上手に活用できるなら玄関土間収納はとても有効な空間になります。

ちょっと待って~、よく考えましょうよ~

ママ

でも…実際に土間を作ったことが思わぬデメリットにもつながる可能性も…

 

◆今回はこんな方の為に書いています。

⇒土間収納を作りたい方へ

⇒土間収納をどう使ったらよいか?知りたい方へ

◆今回の記事を読むとこんな事がわかります。

⇒土間収納の可能性

⇒土間収納の便利な使い方やメリットデメリット

 

土間収納で失敗した!!とならないためにも、様々なアイディアや土間収納間取りの工夫、アイディア、土間収納の扉などの情報をまとめていきたいと思います。

 

まずは

土間収納って何? どんなメリットがあるの?

と言うところから。

 

土間収納というのは玄関土間にもうけた収納スペースのことを指します。玄関の収納といえば靴箱、というのは今や昔の発想になりつつある今、玄関に土間を作ってそこをそのまま見せる収納にしたり、趣味の空間として活用する方もいます。

 

お子さんが小さいご家庭では、お子さんの遊び道具を置いたり、自転車を置いておく空間としても活用していたりしますよね。災害大国日本になりつつある今だからこそ、防災グッズを玄関先に収納しておけるというのもいざというとき、安心です。

 

また、物置を配置すると屋外なので『物の出し入れ』で外に出ざるを得ませんが、土間収納なら天気も気にせずものを収納しておくこともできるメリットもあります。

 

 

 

土間収納のデメリットもチェックしておきましょう

これから家を建てるにあたり土間収納を検討するなら、デメリットも把握したうえで検討したいですよね。

 

どんなデメリットがあるか、ピックアップしてみたのでチェックしてください。

 

【①玄関先が汚れやすくなるかも】

ガーデニング用品・アウトドアグッズ・お子さんの外遊びグッズ・自転車などを収納する場合、土間収納にも汚れがでやすいという懸念はあります。

 

しまうときに汚れを払う、洗うということが徹底できれば回避できるデメリットですが、お子さんに関してはそこまで徹底できるか?面倒になるのではないか?というところはポイントかもしれません。

 

【②湿気やカビの原因になることもある】

また水気のあるものを常に収納するようなことがあると、清潔感をキープしたい玄関先に湿気が原因でカビが生えてしまうということもあり得ます。これについては乾かしてからしまう、換気を良くするなどで対策できますね!

 

というか、、、湿気のあるものって??

とーさん

傘や!。

かーさん

 

【③玄関やリビングが狭くなる】

もう一つ忘れてはいけないのが、作りによっては玄関部分が狭くなったり、そのほかのリビングなどのスペースが削られることもあります。(設計次第ですが)土地に対して建蔽率が決まっていますから、決められた面積の中に土間を設置する以上、避けて通れない問題です。(設計次第ですが)

 

 

土間収納間取りアイディア

 

ライフスタイルによってご家庭にあった土間収納の間取りに有効なタイプは異なります。参考例としていくつかのパターンを紹介してみますね!

 

 

【①駐車場の関係で1Fは住居スペースが狭いなら土間収納は有効!】

1F部分は駐車場があるから狭くなるという場合には思い切って土間を広くして2階への階段下のスペースを有効活用できるようにするという方もいます。

 

あえてシューズクローゼットを作って空間を仕切る、というのも一つの方法ですが、この方法ではシューズクローゼットだけでなく、玄関先で必要になるものを気軽に収納できるというメリットがうまれます。玄関先で羽織るコートやジャケット、自転車やアウトドアグッズなどなどをさっと手に取り出かけられるようにもなります。

 

【②見えるのが嫌なら土間部分と収納部分を間仕切りする】

扉を付けるのも一案ですが、そこまでしなくてもいいかなと思えるのであれば、天井もしくは2mほどの高さの間仕切りで仕切るのもおすすめです。

 

オシャレなカーテンなどでさっと目線だけを遮ることで、使い勝手もよくなります。

 

特に土間の収納部分を小さく作る、という場合には扉を付けることで制限がでてしまうところも、間仕切りするだけなら制限されてしまうことも避けられます。

 

 

【③扉付きの土間収納と”魅せる”収納部分を使い分け】

ある程度の開口で土間収納を作り込める、というなら扉を付けてしっかり区切ることで、土間部分と収納部分を分けて使うのもおすすめです。

 

「気軽になんでもしまえる収納」と「見せて収納する部分」とするのもよいですし、収納するだけではなく土間を多目的スペースとして使うこともできますね♪

 

『うちは土間を大き目に作りたいぞー!』という場合には特にこの方法は有効です!間取りと使い方次第ではリビングの延長として様々な使い方もできます。

 

土間収納の内部にコンセント設置はおススメ!これ、意外と盲点だったりするかもしれませんが…

 

最近だとWifiのルーターを見えないように土間収納にしまったり、DIYを土間でするからDIYグッズを収納しておく方って多いと思うんです。こういうときにもコンセントを設置しておくとその場で使えて、収納の外までコードがでて邪魔!なんてことにもならないのでおススメですよ♪

 

 

 

土間収納の扉はどうする?設置前に考えておくべきこととは?

 

土間収納を付けるとなると施工事例にも多い「扉をつける」ということを前提に考えてしまいがち。

 

収納するもの(自転車やアウトドアグッズなど)によっては、出し入れが大変になることもあり、引き戸を採用している事例が多いでしょう。ただし、扉を設置するということは通気性を妨げることにもつながるということは忘れないようにしてください。

 

濡れたもの、水分を含むものも収納する場合にはカビの原因にもなります。

何をしまうのか、用途に合わせて考えるようにするのをお勧めします。

 

 

玄関土間収納の失敗事例

これはとあるお宅での実例です。実話です。

 

『オシャレで人とは違う家にしたい!』というご主人のたっての希望で土間付きの一戸建てを新築されたAさん一家。新築時に幼稚園年少の息子さんと、新築3か月後に第二子となる娘さんが誕生される予定での新築でした。このお宅は玄関を入ったらすぐ土間(横長7畳)、一段上がってリビング(16畳のLDK)とキッチンが仕切りなく続く間取り。

 

土間の端には引き戸付で大き目の収納を設置。

 

奥さんは「部屋が広いほうが絶対良い!!子供が走り回って遊べるような間取りにしたし、これから赤ちゃんも生まれるのに落ちても転んでも痛い土間はヤダ!」と主張していたものの聞き入れられず、土間が作られました。

 

土間なんてどう使うんだ…??。

ママ

と思っていた奥さんは引っ越し後、

「そうだ!息子の自転車置けば雨でも雪でも汚れない♪」

ママ

と思ったのだそうですが…

 

ご主人は

「土間(のコンクリート)が汚れるからダメ」

パパ

と一蹴。

 

これでかなり激しく、長期的なバトルに発展したというお話があります。

 

このお宅ではリビングから一段(といっても18cm程度)下がって土間がある、という作りのため、その後生まれた娘さんはとても活発。ハイハイでどこでも行こうとする果敢なお嬢さんだったこともあり、目が離せないという奥さんの強い要望に負け、最初は柵を付け落下防止を。

 

ですが結局、走り回りたいお年頃のお子さん2人が土間を嫌がることもあり、結局は玄関部分を残し、ご主人がDIYで床を増床したのだそうです。(土間でも走り回っていたころはお子さんの靴下が面白いほどのペースで穴が開いていた、という余談もあります)

 

 

ご家族で土間の使い方について納得いくプランを練っておくことも重要ですが…

 

間取りとして、壁面収納をしたり、階段下も有効活用するための土間などではない場合にはしっかりプランニングしてから土間収納を設置するほうが良いでしょう。

 

そうでなければAさん一家のように、「土間収納作って失敗したー」という実例の1つになりかねませんのでご注意を。

 

 

土間収納は作り方次第で多目的に使うことができるが湿気対策と扉は要検討!

 

大き目の物置を設置しないと収納しきれない!!というほど荷物量がないご家庭にとって、土間収納は全天候型の便利な収納となります。ただし室内に作るからこそ、湿気対策をきっちりしておかないとカビの原因になるということは忘れないでくださいね!

 

 

また、土間収納だから絶対に扉をつけなきゃ!!ということもありません。

 

間仕切りだけにしたほうが使い勝手がよくなることも♪オシャレな空間、リビングの延長として広い土間を設計されているなら、扉付きの収納もおすすめだったりケースバイケースです。

 

ライフスタイルと土間全体の面積、空間として間取り的に最適な方法はどれか、をご家庭で話し合って最高の家づくりを実現してくださいね!じゃないと家庭内冷戦が起こるかもよ~???

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください