名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

寒い日でも暖か~い室内。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!

 

今日は1月中旬並みの寒さらしいですよ。

どうも初めまして。冷え性で寒がりな大原です。

 

こんな日は極力外に出たくないのが本音ですよね♪

とは言っても、そんな事では仕事が進まないので、

今日も外に出ます。寒いけど。

 

移動は車なので、暖房がついていますが

一歩外に出ると冷たい風がこんにちは。

 

ようやく外回りも終わり、

支店に帰ってきました。

 

「ただ今戻りました!」

 

やはり支店はあったかい!

(温度計は23℃を示していました)

 

“この暖かい空間を作ってくれてありがとう”

という感謝の気持ちを込めて、

エアコン様に一礼しようとした・・・

 

 

その時でした・・・

 

 

エアコン様。

 

 

なんと起動していませんでした。

 

 

はい、もう一度。

 

 

エアコン様。

なんと起動していませんでした。

 

 

おーまいごっと!

今までエアコンが起動しているから

この事務所は暖かいのだと思っていましたが、

実はそうではなかったようです!

 

とんだ思い違いをしていました。

 

でもここで一つ疑問が生まれました。

 

なぜ暖房のついていない事務所が

こんなにも暖かいのでしょうか。

 

要因の一つとして、パソコンや人が、

熱源になっているのは明らかですが、

それだけが全てではありません。

 

『断熱材』

 

そう、断熱材が見えないところで

私たちを暖か~く包み込んでくれていたんです!

 

外気温12℃に対して、室温23℃でした。

その差はなんと11℃!

 

正しく施工された断熱材は、外からの冷たい空気を

室内に伝えず、逆に室内の暖かい空気を

外には逃がしません。

もちろん断熱材によってその性能には差があり、

中には調湿もできる優れた断熱材もありますが、

重要なことは、

“快適に過ごせているか”

という事だと思います。

断熱材にはそれぞれの特徴があり

一概にどの断熱材が一番優れているのか

決めることはできません。

間取りや工法との相性もあるでしょう。

 

ただ熱伝導率の低い断熱材を使えば

良いというわけではありません。

 

どんな工法で、

どんな間取りで、

どんな気候の土地なのか、

家族構成やライフスタイル、

あらゆる事を計算して

断熱材は選ばなくてはいけません。

 

丸協小牧支店は、

しっかりとその検討をしました。

ですから、エアコンに頼らなくても

ある程度の暖かさを保つことが出来る

環境を見事に作り出しているのです。

 

 

 

 

断熱材・・・いや、断熱材様!

いつもありがとう!

そしてこれからもよろしくね!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください