名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

相談です。寒いです。ダウンジャケット着てます。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは。

この週末の土日は今までお待たせしておりましたお客様にプランニング提案や、地鎮祭・完成時のお施主様検査・建築相談と盛りだくさんでした。

建築相談では正直耳を疑う様な相談内容でしたのでブログで書きますね。

*主な内容は*

新築分譲購入後2ヶ月のご家族で、昼夜問わず寒すぎて困ってますとの事。

要因は色々とあるかと思いますが、一概に誰かが悪いとか、そんな単純な事ではない気がします。

・お施主様・

❶業者から断熱材グレードアップの提案があったのにその時は重要視せずに聞き流した。

❷断熱材グレードアップに関する費用は払いたくなかった。

❸今時の家なら 大丈夫だと思い込んでいた。(寒くないはずと)

・業者・

❶断熱材の違いによる室温の差や必要性を明確に説明しきれなかったのかな?

❷これに関してはなんとも言えません。。。(汗)

❸そもそも温熱環境(室温や省エネ性能値等)に興味がなかったのかもしれませんし、国の基準自体がそんなに高くないのに国の基準だからと過信?し過ぎた?

問題はお施主様と業者❸の両方の意識なのではないかと個人的には思います。

そもそも省エネ性能値は ある程度の製品を使えば(チョイスして組み合わせる)なんだかんだ基準値はクリアできます。ただしその組合わせでも施工段階で押さえるべきツボをしっかり押さえればなんとかそれなりにはできます。その押さえるべきツボや勘所?は防湿層・通気層・気密層・断熱層の概念がしっかり理屈として持っていないと見逃してしまいます。その見逃しがいくつも重なると今回の様な取り返しのつかない事になってしまいます。 それでも今の国の基準値はとおってしまいます。そんなものです。

《省エネ基準をクリア》なんてものは たいした事ないのです。

今回の相談では業者が悪いとは言えないグレーな感じです。いや、今の建築基準法では違法ではありません。ただ、業者として分譲住宅をたてる場合はもう少し、もう少しで良いのでデザイン重視・販売価格重視だけに囚われず、温熱環境も意識した住宅にして欲しいなと思います。

同じ土地・同じ販売価格でも性能の違う(暖かい家と寒い家は)建てれます。工夫しだいです。

奥様は寒過ぎて  <霜焼けになった>

旦那様は <ダウンジャケット着て過ごしてます>

と言っておられましたが、せっかく遠くから弊社までお越しいただいたので、お話を聞くだけでは。。。

という事で、後日 お宅訪問して何か出来る事は無いのかお邪魔して検証してきます。

どちらにしても住まわれているお施主様が気の毒です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください