名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

ヒートショック 交通事故?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

 

 

 

 

 

家の中で交通事故って聞くと???となることでしょう。車にひかれるとかではなく家の中で起こる事故として、入浴時の寒暖差で血圧が急激に変動し、心筋梗塞や意識障害を起こす「ヒートショック」。

 

厚生労働省研究班の調査では、年間約1万9千人に上る。ちなみに警視庁の調べでは交通事故死亡者数は4117人。ヒートショックで亡くなった方の約1/5ヒートショックは実は「冷える」「温まる」の2つの事に注意が必要みたいです。

 

まず、冬の寒い時期に冷えた北側の廊下を歩き≪ここ妄想です≫その先の脱衣所や浴室行くことで、血管が収縮して血圧が上がる。次にお風呂にい入ることで縮まった血管が広がり、上がっていた血圧が急激に低下。意識を失い、浴槽で溺れてしまうケースがあるらしいです。

 

では、どんな点に注意したらいいのか。

・湯船につかる時間を長すぎないようにする 10分までかな?

・お風呂に入ることを家族に伝える

・お湯の設定温度を上げすぎない 40℃くらいかな?

・浴室暖房機を付ける

・部屋中暖房する(電気代がこわいけど)

・部屋間の温度差があまりない Q1.0住宅(高気密高断熱住宅)に住むことでしょう!

 と言いたいところですが。。。

 

冗談っぽく聞こえますが、かけがえのない命です、

少しだけ真剣に考えても良いかもしれません。

 

———————————————

ブログだけでは丸協 小牧支店って

どんな会社かわからない~って方へ

こんな会社です。

資料請求ページです。

 

ブログに書けないような内容も普段の

メルマガ形式でお届けしております。

建築業界のヤミ・業者の本音も

たまに書いてます↓

メルマガ登録はこちら

 

メルマガではこんなことを配信しています

 読者さんの為になる話

 最新の住宅事情

 土地の考え方

 間取りの考え方

 お金の性質の事

 高気密高断熱住宅のコツ

 ブログでは書けない業界の裏話

 読者様限定の見学会

 

ご登録はこちらから↓

【ゆる~く日刊】メルマガ

 

登録解除はいつでも簡単にできます。

 

 

 

 

私達の考え方はこちら!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください