株式会社丸協

株式会社丸協

  1. ホーム
  2. ニュース・イベント
  3. 変動金利・固定金利 リスクヘッジ

変動金利・固定金利 リスクヘッジ

リスクヘッジ

 

 

 

 

 

誰もが損をしたくない!

みんな思ってます。

 

変動金利?・固定金利?どちらが得か?は最終的にはお客様の判断になりますが、一般的には変動金利はリスクをお客様自身がとる。事になります。

 

リスクなんて嫌だよ~って方は 下記の方法(考え方)が良いかも!

 

という事で。。。

 

例えば

 

借入3,000万円

固定金利1.0% 毎月84,685円

変動金利0.5% 毎月77,875円

変動金利・固定金利のどちらで借りても 84,685円を口座に入れていく。

 

変動金利の場合 口座には6,810円残る。

そのまま5年間貯めると408,600円貯まります。

 

6年目 返済の見直し時

見直しで 返済が80,000円になったとしても口座には 84,685円を入れていく

口座には4,685円残る。

これも5年間貯蓄する事により+281,100円残ります。

 

口座残高合計689,700円

(10年後残高)

 

 

 

 

 

11年後 仮に 支払いが90,000円になった。。。

それでも口座に入れるお金は今まで通りの84,685円

 

 

実際は5,315円の赤字だが、それでも84,685円を入れていく。

 

赤字分を 10年間の貯蓄で補填していく。

689,700円/5,315=129.7か月=10年8ヶ月

あと10年間は持つ。。。

(変動が上がり続けた場合の考え方です)また、上がり幅も変動金利上限の1.25倍ではありませんので、考え方の一つとしてください。

 

また、今回の固定金利の金利についても 段階固定金利(5年固定や10年固定等)の場合6年目・11年目には違う計算をしなければなりません。

 

そんなこんなで、、、

 

35年後 返済が終わってみて

貯蓄が出来ていたら 変動金利で損をしなかった!得をした!という事になります。

 

 

 

 

 

【番外編】

注文住宅で住宅ローンが土地のローンと建物のローン2つの場合、土地分を変動金利・建物分を固定金利(逆も可・それぞれの金額にもよります)とし、それぞれのメリットデメリットを半々とする事もできます。

 

ご参考までに

【お金の話 メルマガ】登録は こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

イベント
18.06.23
Fudousan Plugin Ver.1.8.2