名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

フローリングの種類は3つ!だけ?それぞれの耐用年数について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「住宅に使用するフローリングには種類や樹種等とにかく多く存在し、どれを選べばよいのか分からない」と悩む人はいるはず。木材の種類や加工方法によってフローリングの特徴は異なり、耐用年数も大きく変わります。

 

高価なモノ・安価なモノ手入れしやすいフローリングもあったり逆にしにくいフローリングもあります。ライフスタイルに合わせて床材を選ぶことが重要です。今回は3つの種類があるフローリングの特徴と耐用年数について詳しく解説します。

フローリングの種類

 

木材を加工することで住宅の床材として使用するのがフローリングです。材質や加工方法によって手入れのしやすさや耐用年数は異なります。フローリングの種類は主に3つあります。

 

  • 無垢フローリング
  • 合板フローリング
  • カラーフロア

フローリング種類はこちら

それぞれのフローリングにおける特徴を詳しく見ていきましょう。

 

無垢フローリング

 

自然の中にある天然木を切り出して、単一の木材を床材として活用するのが無垢フローリングです。複数の木材を合わせて加工しないから、その木の個性が楽しめます。木材の種類(樹種)ごとにデザインが異なる特徴があります。

 

天然木から加工された無垢フローリングの質感は優れていて、手触りが良いところがメリットです。年月が経つにつれて床材の表情が変わり、自然の雰囲気を味わえる魅力もあります。床を貼った時から経年変化を楽しむことができます、

 

単一の木材から加工するため価格が高めであり、木材によっては傷やねじれが起こりやすいことがデメリット。無垢フローリングでは床材の撥水性を保つために、ワックスやオイル等で手入れする必要があります。

 

合板フローリング

 

合板フローリングは複数の木材を貼り合わせて加工された床材です。天然木の薄い板を表面材として活用するから、合板フローリングにはデザイン性が良くて耐水性が高い特徴があります。

 

表面材を貼り付ける方法は挽き板と突き板の2種類です。挽き板では天然木を約15mmの厚さに加工して貼り付ける方法であり、突き板では木材を薄く切りだして基材に貼り付けます。

 

無垢フローリングに比べて床のねじれが起こりにくく、傷やカビに強いのが合板フローリングのメリットです。無垢フローリングに比べて合板フローリングは価格が安いのも魅力。

 

耐久性は無垢材よりも高いですが、傷がつくと修繕しにくいのが合板フローリングのデメリットです。複数の木材を合成するため、経年劣化が早い欠点もあります。

 

カラーフロア

 

カラーフロアは台板と呼ばれる基材の表面に木目調を印刷したシートを貼ることでデザイン性を高めます。

 

表面材にシートを使用するから色や柄を選べて、好みのデザインを床に反映できるのがカラーフロアのメリット。基材には合板やMDFが使われていたりします。表面塗装が固く重たい家具を置いても傷つきにくいモノが多いです。

 

シートの下は合板やMDFであり、傷がついてしまうと表面材が破れるデメリットがあります。カラーフロアに傷がついた場合は補修材を塗って、専用ペンなどで修正部分を塗装することが必要です。

 

価格が比較的安くて手入れする必要が少ないのがカラーフロアのポイント。忙しくて床材をメンテナンスする時間がない人にカラーフロアはオススメかもしれません。

 

無垢フローリングの特徴

 

自然の木材を使用した無垢フローリングは肌触りがよく、床材として質感が高いのが魅力です。無垢フローリングには質以外にもさまざまな特徴があります。

 

  • 耐用年数が30年以上と長い
  • 複数の無垢材から素材を選べる
  • 水分に弱いから手入れが重要

 

それぞれの特徴について簡単に見ていきましょう。

 

耐用年数が30年以上と長い

 

 

無垢フローリングの構造は単層であり、合板フローリングに比べて耐久性が高いです。複数の木材を接着剤で張り合わせている訳ではありませんので合板フローリングやカラーフロアとは比べ物にならない位耐用年数が長いです。

 

接着剤を活用しない無垢フローリングでは剥がれる心配がありませんし、表面に傷がついても削れば奇麗になるのがメリットです。一般的に無垢フローリングの耐用年数は30年となっています。

 

入念に手入れして劣化を防ぐことで、耐用年数を大幅に伸ばすことも可能です。実際に歴史的建造物や古民家では長年にわたって同じ無垢材を使い続けているところも存在します。

 

メンテナンスを楽しめる方や、子供が気づ付けた痕を思い出と、許容できる方には長持ちする無垢フローリングは最適ですね。

 

複数の無垢材から素材を選べる

 

無垢フローリングとして活用できる自然木はさまざまあり、木材によって性質が異なります。例えばスギを無垢材として使用すると、肌触りがよくてスギの香りを味わえるものです。

 

チェスナットであれば耐久性や耐湿性に優れているから、台所などの水回りでも劣化しにくいメリットがあります。オークにも耐久性や耐湿性があり、他の木材よりも安く済むのが特徴です。

 

無垢材には他にもヒノキやパインといった木材を選べます。さまざまな木材を比較して、性質や木目のデザインから好みの木材を探してみましょう。

一般的には

針葉樹(スギ・ヒノキ・パイン等)は軽く柔らかい。

広葉樹(かば・なら・チーク等)は重くて硬い。

 

なぜ同じ木でも針葉樹と広葉樹での違いがあるかと言うとそれは 細胞の成り立ちの違いです。針葉樹(スギ・ヒノキ・パイン等)は軽くて柔らかく、広葉樹は重くて硬いといわれています。これは木が含んでいる空気の量に関係しています。木を構成する細胞と細胞の間には、無数の孔=空気の隙間が空いていて、細胞と空気の隙間の割合が違います。この比率を空隙率(クウゲキリツ)といいます。広葉樹は空隙率が低いため(びっしり詰まっているため)比重が大きく、木は重くなります。逆に針葉樹は空隙率が高くなり、比重も小さく、木は軽くなります。硬さの違いに関しては、空隙率の低い広葉樹は細胞の密度が高いために硬くなり、針葉樹は密度が低いために柔らかくなるというわけです。その違いが温かみにも関係しているのです。

針葉樹     広葉樹

硬さ  柔       硬

傷  つきやすい   つきにくい

重さ  軽い      重い

価格  割と安     少し高

熱   やすい     にくい

 

水分に弱いから手入れが重要

 

無垢フローリングは耐用年数が高いですが、劣化しやすいから定期的に手入れすることが重要です。以下のような方法により無垢フローリングをスムーズに手入れできます。

 

  • 数カ月に1回、しっかりと絞った雑巾でフローリングを水拭きする
  • 年に1回、フローリング用のクリーナーを活用して床の汚れを落とす

 

長くフローリングを使うために、これらの手入れをしておくことがオススメです。

 

合板フローリングの特徴

 

複数の床材を組み合わせるから価格が安く、床がねじれにくいのが合板フローリングのポイント。コストパフォーマンスの良さ以外にも合板フローリングには耐用年数が長く、耐久性が強い特徴があります。

 

耐用年数は10年から20年

 

合板フローリングでは複数の木材を貼り付けて加工するため、無垢フローリングに比べると耐用年数は短めです。一般的には合板フローリングの耐用年数は10年から20年となっています。

 

10年以上も同じ合板フローリングを使用していると、床材が剥がれたり汚れたりしている可能性が高いです。目に見える劣化が増えてきたら、フローリングを貼りかえることを勧めます。(本当は貼り替えなんておススメではないですが。。。)

 

耐久性が強いから手入れしやすい

 

合板フローリングは無垢フローリングに比べて耐水性が強く、中性洗剤を使用したり水拭きしたりしても大丈夫です。水がしみ込んで劣化するのを防ぐために、しっかりと絞った雑巾で掃除することを勧めます。

 

カラーフロアの特徴

 

合板フローリングと同じく安価であり、さまざまなデザインを選べるのがカラーフロアのメリットです。床材として活用しやすい面以外にも、カラーフロアには特徴がいくつかあります。

 

耐用年数は10年から15年

 

カラーフロアの耐用年数は10年から15年であり、合板フローリングよりも劣化が早いです。表面にシートを使用しているため、経年劣化によってシートが剥がれやすい欠点があります。特に直射日光が当たる場所では劣化の速度が速いように感じます。

 

価格が安くて導入しやすいことがメリットですが、貼り替えサイクルが短いデメリットもあるのです。予算やメンテナンスの頻度を考慮してカラーフロアを検討しましょう。

 

手入れが簡単

 

シートで合板を覆っているから傷に強く、手入れしやすいのがカラーフロアのメリットです。基本的には掃除機で埃を掃除しておき、水拭きすることで奇麗な状態を保てます。

 

まとめ

 

フローリングには無垢フローリングと合板フローリング、カラーフロアの3種類があり、種類によって性質や耐用年数は異なります。無垢材では耐用年数が長いですが、手入れが面倒であるのがデメリットかもしれません。

 

合板フローリングやカラーフロアは手入れしやすいですが、耐用年数が短い欠点があります。自分の予算や使用用途から最適な床材を検討しましょう。

 

 

 

 

————————————————–

ブログに書けないような内容も普段の

メルマガ形式でお届けしております。

建築業界のヤミ・業者の本音も

たまに書いてます↓

メルマガ登録はこちら

 

メルマガではこんなことを配信しています

 読者さんの為になる話

 最新の住宅事情

 土地の考え方

 間取りの考え方

 お金の性質の事

 高気密高断熱住宅のコツ

 ブログでは書けない業界の裏話

 読者様限定の見学会

 

ご登録はこちらから↓

【ゆる~く日刊】メルマガ

 

登録解除はいつでも簡単にできます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください