名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

家族が幸せになれる方角〜風水と鬼門•裏鬼門と7つの対策〜

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

注文住宅を新築するとき、やっぱり考えるのは「家族が健康で快適・安心して暮らせる家にしたい!!」ということではないでしょうか~。

家を建てるということで相談に来てくださるお客様も家族が住みやすいかどうか、ということは特に考えていらしゃいます。

 

それとあわせて「風水や家相」を気にする方が多いのも事実です。そこで、今回は風水についてちょっと調べてみました。

◆今回はこんな方の為に書いています。

⇒注文住宅の際に風水・鬼門が気になる方へ

⇒風水・鬼門をどこまで考慮するか迷っている方へ

◆今回の記事を読むとこんなこ事がわかります。

⇒風水・鬼門の大枠の考え方

⇒風水・鬼門への対策の仕方?

 

建築において最も気にされる方が多いのは鬼門!!

 

鬼門って何?鬼門に何を配置したらダメなの?どんな影響があるの〜?それって怖いの?というところから、

本当に絶対に何が何でも避けないとダメなものなのか?というのも気になりまして色々調べてきました!調べていくと鬼門にダメといわれる設備を避けられない時でも安心の、対策方法なんかもみつかりましたよ!

 

さて…陰陽師になったつもりで…ではないですが順番にチェックしていきましょう。

そもそも鬼門とは?鬼門と裏鬼門

鬼門というのは北東の方角で中国古来の考え方に基づいて「鬼(邪気)の出入りする方角」といわれています。

これに対して裏鬼門(南西)の方角で鬼門と反対側に位置し、鬼門と裏鬼門は陰陽のはざまになるため不吉だとされているんです。昔から日本でも都や幕府の鬼門にあたる方角には、鬼門除けとして大きなお寺を建てていたのもこのためなんだそうですよ。

鬼門を避ける?”三設備”とは?

「鬼門や裏鬼門の方角に三備を設けず」ということが言われていますよね。気になる方も多いのでは?というわけで三備ってなんなのか説明しますね。

  • 門・玄関
  • キッチン
  • トイレやお風呂など水回りの設備

一番鬼門を避けたいといわれる玄関はもちろん、水回りの設備や火を使うという意味でキッチンも避けたほうが良いというもの。

    そのほかにも家や間取りの形状で生じる欠けや張りなどの凹凸があるのもよくないといわれていたり。家族が健康に幸せに安心して暮らせる家にしたい!!と思っても家の立地によってどうしても鬼門になってしまわざるを得ないこともありますよね…。

土地の形状からどーーしても、どーしても、鬼門にあたる方角に玄関がきてしまう、ということもあるじゃないですか?

 

じゃあどーしたらいいの!?というのは後で詳しく解説しますが、まずはどんな影響があると言われているのかみてみましょう!

こんな事に悪影響があるといわれています

古から伝わる風水により鬼門・裏鬼門に配置すべきではないといわれる三備、これがどう影響するといわれているのか簡単に見てみましょう。

家相的な鬼門の影響

・不動産・財産に関する問題が発生しやすい
・親族間の人間関係に問題が生じやすい
・幼児の病気・子宝に恵まれにくくなる

らしいです。。。

家相的な裏鬼門の影響

・努力しても報われない
・多忙になり疲れやすくなる
・夫婦間のトラブルや妻に受難しやすくなる

らしいです。。。

 

このような影響があるといわれています。

 

こう見るとやっぱり避けておいたほうがいいんじゃ・・・と思ってMAXで警戒してしまう方もいるかもしれません…『でも本当にこれ、絶対に避けたほうが良いの?だってそういう家も身近にあるけど特に不幸な感じしないんだけど…』という声もあるのでは?

 

そこに関してこんな説もあるので続けて目を通してみてください。

鬼門・裏鬼門に三備は絶対避けるべき?

そもそも風水を基にしたこの考え方、今と違い水洗トイレやお風呂に換気扇なんていうものがなかった”昔”に生み出されたものです。

 

『鬼門(北東)に水回りを配置すると冬場の冷え・湿気換気不足に悩まされる』という住む人を気遣って生まれた考え方という説もあるんですよ!とくに水回りや長時間立ち仕事になるキッチンでの冷えや換気は風水中にしても気になるもの。

 

ようは・・・健康に暮らしやすい家にするための昔の人のやさしさ・知恵だったという説ですね。

 

そう思って鬼門・裏鬼門の影響を見返してみると…「うん、そうかも。優しさだったのかも。」と思えるものが多いと感じる方も多いのでは?

 

風水ばかりを気にしていると生活動線が悪くなったり、結局住み心地が悪くなってしまう…そこまでして我慢すべきではないというのも今の考え方ということも知っておいてください。暮らしにくくて毎日ストレス…それで家の中がぎすぎすしてしまうのでは本末転倒ですね。

 

とはいえ悪いといわれるものを積極的に取り入れるのも…というわけで、気にしすぎは良くないですが、避けられない時の対策方法もこの後紹介してみるのでチェックしてください!

間取り的・立地的に鬼門・裏鬼門を避けられない時の7つの対策方法

『鬼門が気になる!』『せっかくの新築で気になる間取りにしたくないのに!!』

 

安心してください!!そんなときに有効といわれている対策をご紹介しますよ~♪

 

鬼門対策①: 清潔を保ちゴミを置かないようにする

鬼門・裏鬼門に限らずではありますが清潔を保つというのはここでも大切なようです。

鬼門、裏鬼門は縁起が悪いという印象があるかと思いますが、神様が通る道だから神聖な場所という言い伝えも。

なので清潔に保つということが大切なんだそうですよ。

ゴミ箱を置く場合には鬼門・裏鬼門に置かないようにすることも忘れずに!

 

鬼門対策②: 鬼門の窓やドアをあけ放たないようにする

鬼門・裏鬼門は壁があるのが本来ベストなんだとか。

なので窓やドアを開け放しておく、というのは避けたほうが良いそうです。

 

鬼門対策③: 盛り塩でお清め

日本らしい対策ですが塩でお清めする、ということで盛り塩を置くのも一手。

 

鬼門対策④: 神社のお札(護符)お守りを飾る

映画「陰陽師」などでも見ると思いますが、神社やお寺で鬼門除けのお札をいただいて置く方法も。

置く場合には目線より高い位置に鬼門・裏鬼門の方向にそれぞれ1つずつ置くと良いそうです。

 

鬼門対策⑤: 厄除け・厄払いのお祓いをしてもらう

神社やお寺に家相の鑑定や相談、お祓いをしてもらうこともできますよ。

 

鬼門対策⑥: トゲ(ヒイラギ)のある植物を置く

魔除けになる、縁起が良いということでこんな植栽が鬼門除けに人気です。

鬼門や裏鬼門にどうしても玄関がきてしまう!そんな時に特に安心な対策ですね♪

 

 

柊(ヒイラギ)
葉のトゲが魔除になるといわれています。

南天
赤い実がつきかわいらしい見た目も人気ですが、「難を転じる」というポジティブな意味合いからもおススメの植栽です。

万年青(オモト)
一年中青々とした葉をつけている縁起物と考えらています。

 

 

鬼門対策⑦: 猿の置物や水晶を置く

なぜサルなのか…?というとこれは鬼門の反対にある裏鬼門が未申(ひつじさる)だということに由来しているそうです。

京都御所の鬼門には木彫りの猿(猿ヶ辻)が置かれているのもこのためなんだとか。

風水OK!鬼門(北東)に最適な色と避けたほうが良い配色

インテリアや内装のカラーに取り入れやすい「色」で対策できるそうです。風水的に鬼門となる北東に配置するのに最適といわれる色、避けておくべき色も紹介しますね。

鬼門におススメの色

<<白・黄色・赤>>

ちょっと意外ですが、赤や黄色でこの方角の持つ良い運気を活発化するんだとか。

鬼門にNGとなる色

<<青系の色>>

落ち着く色なので寝室におすすめといわれる青系統の色は鬼門とは相性が悪いんですね。

鬼門(北東)は高さのあるものがおすすめ?

北東は高さをキープするのが風水的に良いんだそうです。

背の高い家具を置くだけでなく、背の高いグリーンを置いて育てるのもおススメだそうで、これならどんなお宅でも取り入れやすいですよね。

鬼門・裏鬼門は清潔をキープしやすい間取りで悪影響を受けない家に

鬼門・裏鬼門ともに間取り的にどうしようもない場合の対策としても紹介したように「清潔」であるということが重要。

 

『汚れがたまりにくい』=『掃除しやすい間取りやインテリアの配置』 を意識することで、自然と快適な家になる、ということが今回お伝えしたいポイントです。

床にものを直接置かないようにする、鬼門・裏鬼門になるところには収納を設置しない、というのもよいですね。

空気がよどまないよう換気しやすい作りにするというのもおすすめです。

まとめ:鬼門・裏鬼門を意識しすぎず清潔で快適な家を作ろう

注文住宅だからこそ、施主さんとしてはさまざまな希望を叶えたい、その想いはとても理解できます。これから長く家族の時間、思い出を育んでいく場所だからこそこだわりたいですよね。そこで縁起の良い家にしたい、と風水を取り入れていくというのも充分わかります!!

 

でも一番大切なのはなんでしょうか?

 

そこで暮らす大切な人が自分らしく幸せでいられること、ではないでしょうか。

鬼門や風水を気にするあまり動きにくい、使いにくい家になってしまってストレスを抱えてしまうのは建築業界に身をおくオガタとしても避けたいんです!

大切な人と暮らすため、快適な家にする。その想いを活かして、風水(鬼門など)に有効な対策など柔軟に取り入れて考えてみていただければ嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください