名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

床下エアコンで後悔【冷房・シロアリ問題】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

冬場の寒さ対策として、床暖房を検討される方の中に、床暖房より安価で効果的なモノはありませんか?というご相談がよくあります。そんな時「床下エアコンというのがありますよ?」とお話しさせていただきます。しかし床下エアコンは単純に床の下にエアコンを設置したら良い訳ではないんです。

 

床下エアコンは良いことばかりだけではなく、少し間違うと大変な事になり後悔の種にもなります。そうならない為にも、長所短所をよ〜く理解した上で採用・不採用の判断をしましょう。

 

床下エアコンという言葉を聞いたことがある方もいれば、床下エアコン?何それ?という方も多いかもしれませんね。

◆今回はこんな方の為に書いています。

⇒床下エアコンを検討している方へ。

⇒床下エアコンを初めて聞いた方へ。

◆今回の記事を読むとこんな事がわかります。

⇒床下エアコンの長所と短所がわかります。

⇒床暖房との違いがわかります。

床下エアコンは使い方次第

床下エアコンは使い方・施工を間違いなくしっかり行えば省エネ対策としても、体にも優しい暖房器具として十分な効果が感じられます。でも・・・施工が不十分だったり、誤った認識で利用してしまえば途端に深刻なデメリットにつながってしまうリスクも多く潜んでいます。

 

これから家を建てようという方に、床下エアコンについて正しい知識を持ってご検討いただけるよう、本記事では床下エアコン施工に必要な情報と併せて後悔しないためのポイントをわかりやすく解説していきたいと思います。

ぜひご覧ください!

床下エアコンとは *まずは簡単に

まずは『床下エアコンて何?』という方のために簡単にご紹介しますね。

【TV台として床下エアコンを隠した事例】

 

中はこんな感じです。

 

床下エアコンは床下の基礎の部分にエアコンの暖かい風がいくようにエアコンを設置し、床上に暖かい風が出てくるように床にガラリ等を設置して部屋全体を温める目的で設置するエアコンです。床下エアコンと言っても床より上にエアコンを設置しエアコンから出る風が床の下(基礎部分)に入っていくように設置を工夫したエアコンになります。いろんな方法がありますが弊社はこの方式です。

 

床暖房のように床材の下に電熱マットやパイプを敷設したりといった【工事手間】がありません。大掛かりな工事も基本不要で室内を温めることができます。

 

設置するのは壁掛け式のエアコンでも良いですが、壁掛け式のエアコンはメーカー保証が受けられなくなる場合が多い為、その点が最大のリスクです。メーカー保証が受けられることを前提とするなら床置きタイプのもの、しかしこちらは床下に回る風量が少なく床が暖かいと感じれないかも?しれません。なかなか機種選定は難しい部分もあります。

 

床下エアコンを稼働させると、まずは基礎の部分・床が温まりますから、そこから床ガラリを伝って暖かい空気が同フロアの別のお部屋にも回っていくというイメージになります。ここで大切なポイントは基礎内断熱はしたほうが良いです。できれば基礎スラブ面もしたほうが良いと思います)

床下エアコンのメリット・デメリットについて

続いて床下エアコンのメリットとデメリットについて簡単に解説していきますね。

【床下エアコンのメリット】

  • 冬場に感じる足元の冷えを解消できる
  • 家全体を温めるのでヒートショック対策としても有効
  • 床暖房とは違いガスも火も使わないので安心
  • ワンフロア1台のエアコンで暖かい
  • 暖房効果を効率的に感じやすくなる

 

【床下エアコンのデメリット】

  • 冷房として使うとカビの原因になりやすいのでNG
  • きちんと床断熱・家の断熱性能がない場合は効果がでない
  • シロアリ・カビの原因になることもある
  • メーカー保証が受けられない
  • 後からのリフォームではできない

 

要は・・・デメリットとして上がるのは【きちんとした知識と施工ができない場合】に起こることが多いということもお分かりいただけるのではないでしょうか・・・

 

床下エアコンを暖房として稼働させた時、まずは基礎下空間を温めながら暖かい空気を床上にまわしていくことになります。ですから当然、【基礎の断熱工事が不十分だと温まらない】ということになりますし、【気密がしっかり取れていないと暖気がどんどん逃げていく】ということなんです。

 

きちんと施工されていても、冷房として使う場合、基礎下空間に結露が生じやすく万一結露が発生しその結露水が木材についたまま、、、となるとカビやシロアリの原因になりかねません。また冷たい風は下に溜まりますから効果はほとんど感じられません。

 

このあたりも知識としてもっておく事をおすすめします。

 

とはいえ・・・メリットとして得られるものは、なかなかポイントが高いですよね。

 

床下エアコンを稼働させた場合、空気の移動は「暖かい空気は上にいく」という性質がありますから壁掛け以上に効率的に温めることができる、というのが最大のメリットとなるでしょう。

 

もちろんそのために「無駄に温度を上げて稼働させなくてよい」という事と、床下エアコン設置に必要な断熱施工がされているという前提条件がそろえば、より【体にも環境にもお財布にも優しい】結果となります。

 

間仕切りが多いお宅ではエアコンを複数台設置して冬をしのぐということもありますが、床下エアコンを床ガラリの設置と併せて行うことでワンフロアに設置するエアコンも【1台でOK】なのも嬉しいポイントです。

 

もちろんこれには床下エアコンを効率的に稼働させるための知識をもって、きちんと断熱効果の得られる施工・設計がされているという前提が必須ですから、床下エアコンを検討される場合には、依頼先の会社さんで施工実績があるのか?また、施工後のお施主様の感想なども検討材料と見てください。

床下エアコンで起こりがちな後悔とは?【臭い?カビ?掃除が大変?】

さて、メリットデメリットについて簡単ではありますがお伝えさせて頂きましたが、

 

今記事では、デメリットについてもっと深堀しよう!というわけで後悔例についても取り上げていきたいと思います。

特定の業者以外に工事してもらえなかった

これは本当にいざというとき困ってしまうケースです。

床下エアコンの調子が悪いのに工事してくれる業者さんが手が空かなくて2週間待ち…」なんていう状態で冬場に過ごすのは辛いですよね。

特定の業者でないと修理できないようなエアコンを設置することはおすすめしません!

床下エアコンとして使えるものも、壁掛けタイプと比較すると少ないものの選べる程度には販売されていますから、特殊なものは床下には避けておいていただけると良いでしょう。

床下に結露がでてカビが!シロアリが!

施工業者知識とスキルが不足していたりするとこのようなこともあり得ます。

また「暖房だけにしてくださいね」と言われていたのをうっかり忘れて「冷房で稼働してしまった」なんていうことになると結露が原因でカビ・シロアリの原因に繋がってしまいます。

こうならない為にもしっかりと知識と技術力のある業者さんに施工依頼することをおすすめします。

関連記事

シロアリ対策は新築時がチャンス!心がけておく9個のポイント

エアコンの掃除に狭いところに入って作業するのが面倒に感じる

床下エアコンを設置する場合、床下、もしくはスキップフロアのようにして設置空間を設けることになります。

送風口の前に埃が溜まれば当然、【エアコンの風にのって埃が舞い散り】ハウスダウトによる様々な弊害が出てしまうことも。

そうならないためにはある程度こまめに掃除をしなくてはなりません。

壁掛けタイプであれば通常通りのお部屋の掃除と、定期的なフィルターの掃除でOKですが、床下エアコンの場合設置場所の高さの関係でちょっと手間がかかってしまうことは否定できません。

基礎部分に降りて掃除は嫌だなぁという場合にはルンバを導入したり、スキップフロアのような空間を作って空気を回す構造にして掃除をしやすくするのもお勧めです。

思ったように暖かくならない…【エアコン選びのミス】

『思ったほど暖かくないんだけど・・・』という原因にもなりますから、温度センサーがリモコンについているもの、もしくはコードで本体とリモコンが繋がっているタイプのエアコンを選んでください!本体にセンサーがついたエアコンを設置してしまうと「暖かい空気がエアコン周辺にある」時に稼働停止してしまい家全体が暖まる前に止まってしまいます。

 

こうならないためにも、設置するエアコンを選ぶ時にはセンサーがどこにあるか、床下設置したときちゃんと稼働してくれるかを気にして頂ければと思います。

 

大事なのでもう一度お伝えしてしまいますが、床下エアコンを設置する場合には【特殊なメーカーや機種などは避けて】、何かあったときにすぐに対処できるものを設置するということも忘れないでください。

 

まとめ:後悔しない床下エアコン設置には基礎断熱と家の断熱工事が重要!

床下エアコンは正しい知識をもって施工・稼働させれば冬場は本当に快適に過ごせます。

ただし、床下エアコンを甘く見てしまうと失敗してしまう事もあります。こちらが以前書いたブログです。

床下エアコン 失敗? しない為に

もともと寒冷地で取り入れられてきたものであることを考えれば当然ですが、『冬なのに寒くない』というのは本当に嬉しい!

 

HEAT20のG3に関する記事でも取り上げさせていただきましたが、WHOでも「冬場の室温が18度以上をキープできると様々な健康リスクを回避できる」というお話もありますし、冬場の課題であるヒートショック問題も解決できます。

関連記事

HEAT20 G3とは? 

 

もちろんエコの観点からもおすすめできる設備ですから、ご検討頂く価値は十分にあるでしょう。

ただしこれには!!何度もお伝えしていますが!!

 

【基礎断熱+家そのものの断熱性能が重要】ということも忘れないで下さい。

 

冬場に家のどこに行っても寒くない環境を作るには、お手軽な設備なのではないかな?と思います。床下エアコンを導入するとかなりエコでお財布にも負担の少ない環境となります。

 

床下エアコンの導入をご検討される場合には、施工を依頼する業者は【これまでの施工実績】なども踏まえて検討していただきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください