名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

全館空調にリフォームしてみる

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

全館空調にリフォームしたい

 

その前に、一般的なエアコンは1部屋に1台設置し、個別に作動させることでその家全体の空調環境を整える役割を果たしますが、今回紹介する全館空調は1台で家全体の空調環境を整えるものです。

そんな全館空調リフォームについてメリット・デメリット等をお話していきます。

 

 

全館空調にリフォームする方法

まずは家全体の気密性をチェックします。気密測定というやつです。その結果によっては全館空調をする前に気密化するための工事が必要になります。気密性がある程度担保されていないと計画的な換気が成り立たない為です。さらには使用されているサッシやガラスの素材も確認し断熱性が高いガラスに変更し他方が良い場合もあります。

 

特段の検査や調査もなく、じゃあ全館空調工事をしましょう!と言う業者さんは注意が必要かもしれません。。。

 

新築であれば気密性、断熱性は一定水準の担保があると思いますが(多分)です。気密性や断熱性能については新築工事をしていただいている工務店さんやハウスメーカーさんに聞いてみるとすぐわかります。

 

築年数が古い家等は窓ガラスだけではなく、全ての壁をチェックして壁に対しても気密性、断熱性の工事を行う必要もあります。

 

全館空調システム自体はエアコンと同様に室内機と室外機で動作を行います。その室内機の設置場所でリフォームの内容も変化し、室内機を屋根裏に設置するタイプと室内に機械室を準備し設置するタイプと大きく2種類あります。

 

メリットとデメリットは以下の通りになります。

メリット デメリット
屋根裏設置 ・部屋を広く使用することができる

・自由なレイアウトの部屋の構造にすることができる

・メンテナンス時に屋根裏の室内機をチェックしなければいけないのでメンテナンスの手間がかかる
機械室設置 ・屋根の形状を生かした構造ができる

・ロフト等屋根裏の小さいスペースを有効活用することができる

・メンテナンスが容易に行うことができる

・機械室という部屋を準備するのでその他の部屋が小さくなってしまう

 

リフォームにかかる費用

 

さまざまな会社で全館空調システムがありますが、それぞれの会社で費用は変わってきます。

平均的に導入は約100万円~※からとなっていますが、代表的な会社の費用を表でお見せします。

 

※着工年が古い建物の場合は断熱工事等を追加で行う必要があるので追加で費用がかかる可能性があります。

 

会社

(全館空調システム名)

平均導入費用 備考
三菱地所ホーム

(エアロテックリフォーム)

440万円~ 1坪あたり11万円~
桧家リフォーミング

(Z空調)

240万円~ 坪数によって変動あり
三井ホーム

(スマートブリーズ)

150万円~ メンテナンス費用で約5万円/年
ダイキン

(調湿・換気ユニットDESICA)

150万円~ 有料メンテナンスの必要がない
パナソニックホームズ

(エアロハス)

200万円~ 有料メンテナンスの必要がない
セキスイハイム

(快適エアリー)

80万円~ 1階フロアのみの金額、

2階フロアは追加費用がかかる

住友林業

(エアドリームハイブリッド)

195万円~ 保守点検費用で約2万円~4万円/年

 

いろいろな会社で費用の幅が広いですが、これはあくまでも初期費用です。

 

全館空調の寿命のところでもお話しましたが、耐用年数が約10年なので毎月のメンテナンスコストも加味すると最初の導入コストを高くし、その後のメンテナンスコストを安く押さえるほうが総合的に安く導入できることもありますので各サイトで確認してみてください。

 

全館空調は後付け出来る?

上記で紹介した金額はリフォームから設置まで行った場合ですが、既に新しく家を建設したり、マンションを購入したりされた方で全館空調を導入したい※方もいらっしゃるかもしれません。そこで全館空調は後付けできるのか?というところについてお話していきます。

 

結論から言うと後付けは可能です。

しかし絶対におすすめだとは言えません。上記でもお話してきましたが、全館空調を有効活用するために気密性と断熱性が整っていることが前提だからです。たとえ導入ができたとしても劇的な効果が実感することが難しい、そして気密性と断熱性が整っていないので余計に電気代がかかる、思ったほど体感できないなどが起こる可能性もあります。

 

 

だからこそ全館空調をリフォームで導入するときは慎重に考えた方が良いのではないかと思います。

 

リフォームを行う際に注意しなければいけないこと

・現在の気密性能の把握

・断熱性能の把握

・メンテナンスが伴うという心構え

・過度な期待をしすぎない

・予想以上に見積金額が張る(場合が多い)

・配管スペースが思いがけないところを通る可能性がある

等々

 

新築時に導入を検討されている方はこちらのブログを参考にしてみて下さい。

全館空調はデメリット?

 

まとめ

全館空調をリフォームで導入することで快適な生活を行うことができます。エアコン単体の部分的な空調設備ではなく、家全体、そして空気質までコントロールすることができる設備です。

 

しかし導入費用やメンテナンス費用が高価な点、さらにフィルターが詰まっていたり、気密性、断熱性が低い物件によっては光熱費が数倍に跳ね上がる可能性もあります。

 

まずは全館空調がどのようなモノなのか実際に体験し、その後見積もりを依頼することでより正確な導入金額、そしてランニングコストも把握できるので全館空調を導入したほうが良いのか、もしくは各部屋にエアコンを設置する方が良いのか?考えてみる方がいいかもしれません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください