名古屋の工務店として注文住宅の相談は体感型モデルハウスがある丸協。名古屋のスノーピーク代理店として心地よさとスノーピークの遊び心を併せ持つ提案をしています。 

断熱材とは、熱伝導率?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

さて、本日は断熱材についてサクッと!

断熱材熱伝導率

ご存知の方もいると思いますが、断熱材はメーカーや素材とかではなく実は大切なのは熱抵抗値なんです。

 

熱抵抗値?なんだそれ?

熱抵抗値が高いと熱を通しにくくなる訳です。その熱抵抗値を知るのに熱伝導率を知る必要があるんです♪

HMなどで断熱材は○○ですって言われたら、

「その断熱材の熱伝導率はどれだけですか?それをどれだけの厚み施工するんですか?」

って聞いてみましょう。なんだ?この人って顔されると思いますが。。。

 

はい、整理します。

 

使っている断熱材と厚みを聞けばよいです。そこで使用している断熱材の熱伝導率をサラっと言えれば、そこの会社の担当者は変態の可能性大です(笑)

それがわかれば、その数字で計算すれば熱抵抗値がわかります。その熱抵抗値が高い方が熱を通しにくいと言う事です。

 

断熱材厚さ

(例)高性能グラスウール高性能グラスウール16K(熱伝導率:λ=0.038W/m・K)

85ミリと105ミリを比較した場合。

85ミリは厚み(m)0.085÷熱伝導率(W/m・K)0.038=2.76316m2・K/W

 

105ミリ品は厚み(m)0.105÷熱伝導率(W/m・K)0.038=2.2368m2・K/Wとなり、105ミリの熱抵抗値が大きくなりますので105ミリの方が性能が良いと言う事です。

 

これさえ覚えておけば ≪材≫ に惑わされる事は無くなります。

では、

 

 

————————————–

ブログだけでは丸協 小牧支店ってどんな会社かわからない~って方へこんな会社です。

資料請求ページです。

 

ブログに書けないような内容も普段のメルマガ形式でお届けしております。建築業界のヤミ・業者の本音もたまに書いてます↓

メルマガ登録はこちら

 

メルマガではこんなことを配信しています

 読者さんの為になる話

 最新の住宅事情

 土地の考え方

 間取りの考え方

 お金の性質の事

 高気密高断熱住宅のコツ

 ブログでは書けない業界の裏話

 読者様限定の見学会

 

ご登録はこちらから↓

【ゆる~く日刊】メルマガ

 

解除はいつでも簡単にできま~す♪

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください